FC2ブログ

うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ・活魚・天ぷら「八べえ」

2017112901photos.jpg

亀戸天神門前の「うなぎラーメン」有名な八べえさん。
研究熱心でいつも新しいメニューを創作している。

2017112910photos.jpg

前回の新作である「うなぎつけ麺(仮)」の名称も「滴つけ麺」に決まったとのこと。
前回の記事はこちら

2017112902photos.jpg

カウンター席で、とりあえず生ビール、粋ですなあ。

2017112903photos.jpg

今回はうなしゃぶ。
昆布だしからのスタート、スープの変化も気になるところだ。

2017112904photos.jpg

30秒ほどしゃぶしゃぶしていただくと、プリッとした食感
これぞうなぎ、というお味。
いろいろ時間を変えて食べてみてくださいという、
3分、5分、10分としゃぶしゃぶ時間を変えていくことで
うなぎの身の柔かさが変化していく。

2017112905photos.jpg

しゃぶしゃぶ、というか煮ている間に
大ぶりの肝焼きをいただく。

2017112906photos.jpg

20分ものはもう身がとろけるようにトロトロになり美味。
変化が楽しめるのは面白い。

2017112907photos.jpg

八べえさんに来たらコレ。下町の黄色いチューハイ。
スッキリとした飲み口が心地よい。

2017112908photos.jpg

そして、地焼の蒸さない白焼き、皮をパリッパリに仕上げてもらいます。
お好みで焼いてくれるというのも嬉しい限りでございます。

2017112909photos.jpg

カウンター上のお子様鰻を見ながら・・・癒される。

2017112911photos.jpg

蒲焼。
右が関西風地焼の蒲焼、左が関東風の蒲焼。
どちらも好き。

2017112912photos.jpg

関西風。
蒸さなくても、身はトロッと柔らかくなる、お好みで皮パリでいただきく。

2017112913photos.jpg

関東風。
肉厚の身は辛めのタレとともにトロッと柔らか。

2017112914photos.jpg

〆は、しゃぶなべの出汁で雑炊。
うまぎのエキスがたっぷりと出汁と合体して、これは濃厚複雑な旨味なのでございます。

2017112915photos.jpg

八べえのみなさん。
アットホームな雰囲気ながら、訪れるたびに創作力に驚かされる。


店名:うなぎ・活魚・天ぷら「八べえ」
所在地:東京都江東区亀戸3-2-8 宮川ビル1F亀戸天神参道
電話:03-3682-7327
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:月曜日
ホームページ:https://www.facebook.com/tenzinhachibee?fref=ts(フェイスブックページ)

※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。