うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ料理専門店 川昌本店

20170913IMG_2783photos.jpg

仕事を終えての帰宅途中、時間は20時を過ぎている。
なんだか鰻が食べたい・・・。

国道16号線野田付近を走っているのだが、
こんな時間までやっている店はあっただろうか、そうだ「川昌本店」があるじゃないか。
野田橋を渡り10分ほどで「川昌本店」に到着。開いててよかった。

20170913IMG_2784photos.jpg

このところ、中部地方のうなぎに親しんでしまっている。
いわゆる蒸さないうなぎの地焼が食べたい。
なかなか関東で地焼の蒲焼を出す店は少ない。

20170913IMG_2785photos.jpg

さすが鰻創作料理の「川昌本店」には
名古屋風うなぎまぶしというメニューがある。
これは嬉しい。

20170913IMG_2788photos.jpg

このビジュアルからも地焼の名古屋風が伝わってくる。
お櫃から茶碗によそり、薬味など好みでトッピングしながらいただくスタイルだ。
そして最後にはお出汁をかけていただく。

20170913IMG_2789photos.jpg

皮はパリパリ、身の表面はサクサク
厚みのある身もジューシーな食感で嬉しい。
そうそうこれこれ。
たれも川昌本店ならではの、甘いほうのタレを使用して
蒲焼を焼き上げている。
地焼の鰻の旨味が凝縮したジューシーな蒲焼には甘目のタレがよく合う。

関東風の蒸した蒲焼も好きだが、中部系の蒸さない地焼も好きだなあ。


店名:うなぎ料理専門店川昌本店
所在地:埼玉県北葛飾郡松伏町金杉1511
電話:048-992-0123
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:00
定休日:毎週火曜日
ホームページ:http://kawashou.sakura.ne.jp/

※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。