うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの新玉亭

大阪・名古屋と車にて出張なのだが
さてどのルートを通っていくか、これも現場に向かうまでの楽しみでもある。
御殿場から新東名、そして伊勢湾自動車道、四日市から新名神そして名神で大阪まで行けと
ナビが言っている。

亀山を通るのか・・・津が近いじゃないか!?
三重県津市と言えば古くは鰻の養殖が盛んだったところだ
そして津ぅのうなぎとして街のソウルフードとなっている。

津に寄って名阪国道でいいじゃないか。

20170907IMG_2648photos.jpg

伊勢自動車道の津インターチェンジを降りて10分ほどのところに
創業は1890年(明治23年)「うなぎの新玉亭」がある。

20170907IMG_2649photos.jpg

既に13時をまわっている、東京を出てから何も食べていない、腹が減り過ぎた。
そんな事情もありお店の外観の写真など撮り忘れております・・・。
店舗の横に広い駐車場があり、なんと4階建ての店舗だ、なかなかこんなに大規模な鰻専門店は見かけない。
1階は椅子席とカウンター席、2階は椅子席、3階4階は大宴会場となっている。

メニューは小丼(一切れ)800円から特上丼では五切れがのる丼となる。
お重に入ったうな重もあり。
他にはうなぎ定食や要予約のうなぎ会席などもある。
特上丼をお願いするも、見た目は四切れしか入ってない!?

20170907IMG_2651photos.jpg

いやいやちゃんとご飯の中に隠れているんです。

ご飯の上にのった蒲焼は皮パリパリ、身の表面はサクサク
厚みのある身は脂のノリよくジューシーな食感。
タレも特徴的で、たまり醤油のコクあり甘濃いめ濃厚な感じで
うなぎのボリューム感にあったタレだ。
ご飯の中に隠れていた蒲焼は、程よく蒸されてまた違った食感が楽しめる。

ご飯とのバランスも良く、ついつい飲み物のようにかきこんでしまう。

21430126_1483299915083063_5468267674124952882_nphotos.jpg

さてさて、津ぅの「うなぎの新玉亭」と言えばこれが有名ですね。
丼に山盛りに盛られたご飯にタレがたっぷりかかったヤツです。
もう3年くらい前なら食べれたであろう憧れの超大盛りうな丼。

こちらの画像は「うなぎ愛好会」のメンバーでもあります
「ブーの食い道楽飲み道楽」様より特別にお借りいたしました。

21462718_1483297165083338_3252259793804914884_nphotos.jpg

この憧れの大盛りをいただくには、中盛りを完食しないと
大盛りにする権利がもらえない仕組みになっている。

ちなみに「ブーの食い道楽飲み道楽」様は中盛りを完食され大盛りの権利をゲットしております。
さすが素晴らしい!!



店名:うなぎの新玉亭
所在地:三重県津市丸之内養正町5-1
電話:0592-24-0008
営業時間:
火・水・木・金 11:00~14:00 16:00~20:00
土・日・祝 11:00~20:00
定休日:月曜日
ホームページ:http://shintamatei.co.jp/

※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。