うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ・日本料理「優月」

20170909IMG_2679photos.jpg

大阪、名古屋での仕事を終え帰宅途中。
関東までは長い道のりなので岐阜県多治見市に一泊することにする。

多治見市は美濃焼の産地として有名で老舗の窯元や陶磁器に関する資料館などもある。
埼玉県の熊谷市と並んで日本国内の最高気温記録40.9℃を記録し
「日本一暑い町」としても知られている。

多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」
http://www.unagappa.com/

このキャラクターの名前からしても「鰻」とご縁のある街で
古くの土岐川にはうなぎがたくさんいたそうだ。
鰻は多治見のソウルフード、居酒屋さん、蕎麦屋さんでも
うなぎメニューが当たり前のようにあるのだそうだ。

鰻を扱うお店は駅を中心としたエリアに20軒もあり
うなぎの街多治見と言ってもよいだろう。
日本料理と鰻のスタイルで鰻料理を出す店が多いようだ。

20170909IMG_2685photos.jpg

さて今晩はこちら2014年8月にオープンしたうなぎ日本料理「優月」
カウンター席5席とテーブル2卓、モダンシンプルな店内だ。

20170909IMG_2689photos.jpg

イージーリスニングなBGMに
冷えた生ビールをいただくと旅の疲れも癒される。
メニューはうなぎ中心のメニュー、うなぎ2分の1本うな丼が1800円より。
うなぎ会席や懐石料理もある。

20170909IMG_2695photos.jpg

新鮮な肝があるというので、肝焼きをお願いする。
真剣勝負の店主 三宅氏は「料理の鉄人」にも出演した大田 忠道氏に師事
数々の有名旅館にて料理長を務めているという日本料理の料理人だ。

20170909IMG_2696photos.jpg

レア食感の肝焼き、そのままでいただいてもよいがシンプルな塩が合う。
新鮮な肝ならではの、ふっくらした柔らかさとトロトロとした食感が楽しめる。

20170909IMG_2698photos.jpg

白焼きををお願いする。
6本の鉄串で炭火でじっくりと焼いていく。

20170909IMG_2699photos.jpg

きつね色の綺麗な焼目の白焼が登場。
皮はカリカリぎりぎりの超パリ、身の表面は超サクサク。
そして厚みのある三河産の鰻の身はふっくらトロッと仕上がっている。
優月では注文受けてから捌き、そしてじっくりと焼き上げるので時間がかかるのだが
この待ち時間も楽しみの一つだったりするのだ。

20170909IMG_2700photos.jpg

蒲焼が登場。
白焼き同様、皮はカリカリぎりぎりの超パリ、身の表面は超サクサク。
表面のサクサクにタレが染み込み鰻の旨味と絡み合い口の中に溶けていく。
多治見の老舗料亭から受け継いだというタレも甘すぎず辛すぎず濃すぎず・・・
なんともバランス良い鰻の旨味を引き立ててくれる。

20170909IMG_2702photos.jpg

この表面のサクサクは強火の熱源で焼くのではなく
じっくりとゆっくりとギリギリまで焼き上げていく。
そしてじっくり小骨を焼き切るのだそうだ。

20170909IMG_2703photos.jpg

この超パリの皮は、皮目を焼いての結果ではなく
身の表面をじっくり焼きあげ、その身の脂で皮を限界まで
焼き上げた結果なのだそうだ。

日本料理の料理人からの鰻へのアプローチ、
鰻専門店とはまた違った楽しみ方もあるのだなあと思う。
関東圏からは中央自動車道で一本、多治見のインターからも近いので
関東方面からのお客様も多いという。

20170909IMG_2705photos.jpg

そしてお土産にいただいた「セラリーナ」
「セラリーナ」とは、「セラミック」+「オカリーナ」を合わせた造語で
タテ型のオカリナのことを言うのだそうだ。
多治見は日本一の陶磁器(セラミック)の生産地であるるため
セラリーナの普及が美濃焼のPRにつなげたいという思いが込められている。
そしてこのセラリーナに絵をかいたり色を付けたりできる「セラリーナ工房」もある。

20170909IMG_2706photos.jpg

小さいながらも高音のきれいな音が出てキチンと調律されている。
音階の出し方の冊子もついていてすぐにでも「セラリーナ」で
曲を演奏できるようにできている。


このうなぎバージョンのセラリーナは、
多治見の陶磁器生産地日本一と多治見のソウルフードうなぎの
コラボレーション企画なのだ。

このうなぎバージョンのお問合せはこちら
セラリーナ工房 吉川製型所
https://www.cerarina.com/




店名:うなぎ・日本料理「優月」
所在地:岐阜県多治見市音羽町4-32-1 オリエンタルビル 1F
電話:0572-44-8324
営業時間:11:00~13:30 17:00~20:00
定休日:不定休
ホームページ:http://yugetsu-unagi.com/

※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。