うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

まとい

伊豆半島を南下し伊東い到着。

老舗旅館「東海館」向かいの
「まとい」に行く。
老舗旅館のある細い路地は
温泉街の風情がある、
周囲には蒲焼を焼く香りが広がっている。

20160427DSC08834s.jpg

すっきりとシンプルな外観。
店内はカウンター3席、テーブル4卓他。
ほのかな川魚の香りが漂う。
この香りがする店、好きだなあ。

20160427DSC08838s.jpg

メニューはシンプル。
半丼1800から。
うな重並は2800円より。
グレードでうなぎの量が違うとのこと。

隣の老夫婦が、うな重とうな丼でなんで
値段が違うのかを訪ねている。
お店によると、うな重は肝吸い付、うな丼は肝吸い無しとのこと。
肝を残すお客様がいるので、肝が苦手な方には
うな丼をおすすめしているとのこと。
なるほど、納得・・・。

20160427DSC08845s.jpg

待つこと20分、うな重登場。

皮はパリッと仕上げてあり
身の表面はサクッと中はトロトロ。
パリ、サク、トロの食感。
皮目の脂のノリも程よく
醤油が香るキリッと辛めのタレが合う。

20160427DSC08848s.jpg

うなぎ自体のボリューム感と風味
濃すぎない辛めのタレでややあっさりめに仕上がり
全体のバランスが良い。

ご飯の炊き加減もかためで好み。
柚子香る、肝吸いもよし。





関連ランキング:うなぎ | 伊東駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment