うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋

久しぶりに小手指の越後屋さんへ。
今回は、「うなぎ大好き」の管理人さんを
お誘いしての訪問。
うなぎ大好き」管理人さんには、丸一日
うなぎツアーをご一緒していただいている。

開店前に、店前に到着。
久しぶりに店主と再会。

カウンターの席に座る。
ここでは、このカウンターの席が
お気に入りだ。
というのは、店主から
いろいろな話を聞けるからだ。

20160511IMG_1183s.jpg

三種盛り~刺身の盛り合わせ、うなぎバラのサラダ、岩ガキ
うなぎバラのサラダにかかているドレッシングが
どうにも癖になる。
このドレッシング舐めながらでも酒の肴に
なってしまう、越後屋オリジナル。

20160511IMG_1184s.jpg

串焼き4種盛り~
肝焼き、アスパラガス、地鶏岩塩焼き、尾びれの焦し焼き
焦し焼きというだけあってヒレ焼は焼が強め。
このヒレ焼もお店によっていろいろだから面白い。

20160511IMG_1187s.jpg

ブランド鰻、宮崎の「佐土原和匠うなぎ」の白焼き。
平皿に盛られた蒸さない地焼の白焼きの周囲には
イクラ、山葵が添えられ、カクテルグラスには
オリジナルの酢。
お好みで食べてくださいとのこと。
個人的には美味しいうなぎの白焼きは
そのまま食べても甘みがあるのだが
シンプルに塩が合うなあと思うところだ。

20160511IMG_1188s.jpg

割いて串打ちしてあるのが天然うなぎ
店主がつかんでいるのが養殖うなぎ
色の差を比較させていただく。

20160511IMG_1189s.jpg

天然うなぎは、蒸さない地焼きでカブト(頭)付。
ふんわりと焼がった身、うなぎの甘みが凝縮されている。

20160511IMG_1190s.jpg

関東風と関西風の蒲焼の食べ比べ
自分の関西風蒲焼は焼が強め。
人の好みに焼き具合を変えてくれる。
どちらが旨いのか?ということではく
関東風、関西風ともにどちらも良さがあし
人それぞれの好みでもある。

20160511IMG_1191s.jpg

久しぶりに越後屋ワールドを満喫。
カウンター越しに、店主の作業を見るのもよし。
焼き方や焼き加減の相談をするのもよし。
うなぎの話をするのもよし。
うなぎ屋酒坊・画荘越後屋のカウンターの
楽しみ方はいろいろありそうだ。

ご一緒していただいた「うなぎ大好き」管理さん
丸一日の鰻談義、楽しゅうございました。

お店のウェブサイト
「うなぎ屋酒坊・画荘越後屋」
http://www.echigoya-jp.com/

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment