うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸前うなぎ彦星

江戸前うなぎ彦星

20150228h01s.jpg

浦和に新しい鰻屋さんができた。
浦和駅西口から3分ほど、ナカギンザセブン内。
店主は川魚卸問屋の「鯉平」で15年修行。
銀座大和田浦和店、萬店などを経て
2015年10月オープン。

20150228h02s.jpg

店頭に屋号の「彦星」のストーリーが書いてある。
「ブレない自分を確認するときは、夜空を見上げるものだ。」
「人生にいつでも持つべき「夢」「目標」を星にたとえて。」
「商売繁盛、夫婦円満。」
「うなぎで人を幸せにする使命をもって・・・うなぎ屋の新星となれ」
お店の人の気持ちが伝わってくる。

20150228h03s.jpg

店内は、カウンター7席、テーブル1卓
2階にも小宴会ができるような、座卓席がある。
メニューは、うな丼、うな重をはじめ
うざく、うまき、ひつまぶしなどもあり。

20150228h04s.jpg

嬉しいことに鰻の串焼きがある。
生ビールはヱビスと串焼き5種盛り1800円を注文。
お通しには鰻の骨の唐揚げ。

20150228h05s.jpg

肝焼き
あっさりめのタレと、プリクニュの食感。

20150228h06s.jpg

バラ、ヒレ、短冊、くりから

20150228h07s.jpg

カブト、ヒレ
ヒレは好きなので、もう一本。
骨感はほとんどなく、トロッと柔らかいカブト。

20150228h08s.jpg

今日は鰻が無くなってしまい
うな丼、うな重はできないとのこと
蒲焼でいただく。
フワッとトロッとほんのり甘めの
さっぱりとしたタレ。

20150228h09s.jpg

さいたま市内にうな串の店が出来たのは嬉しい。
ただひとつ言うとすると酒類のラインナップが
いまひとつしっくりこない。
うな重に真面目に取り組んでいる店主だが
じつは店主と女将さんは酒が飲めない。
出入りの酒屋さんにお任せなのだそうだ。
やはり串焼きを出すのであれば
酒のラインナップにももうちょっとこだわって欲しい。

20150228h10s.jpg

しかし飲めない人が酒をセレクトするのは
難しいく無理がある。
地域密着型の個人店である、ここは
お客側から提案していくというのも手である。
いい店は、お客に育てられるという
今後大いに期待である。


20150228h13s.jpg

これにはまだ、続きがある
「彦星」では基本的には
昼の分は朝割き、夜の分は夕方割くという
平日は店内で割くが日曜日のみ店先で割く。
うな重、蒲焼がどのようにしてできるのか
を伝えたいのだそうだ。

翌朝、うなぎを割いているところ
見せてもらいに行く。
この模様は「うなぎのぼり」動画コンテンツ
見ることができる。
Theメイキング「うな重が出来るまで。」





20150228h11s.jpg

うな丼
半尾だが厚めの蒲焼で食べごたえあり。
フワッとトロッとした食感が楽しめる。

20150228h12s.jpg

うな重
皮はやや厚めだがトロッと柔らか
最低30分以上は蒸したいという
厚めの身はフワッとトロッとしている。
皮下のボリューム感があるがくどすぎない。
川魚の風味が感じられる。
タレはあっさり控えめやや甘め。
蒲焼とタレ、ご飯のバランス良し。

驚くべきはこのお値段。
ランチということもあり
この二点で3600円。
詳しくはお店に行ってみてほしい。




>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと
他のうなぎ系のブログご覧になれます。

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村





関連ランキング:うなぎ | 浦和駅



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。