うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

忠八

忠八

2013年12月、羽生PAが「鬼平江戸処」としてリニューアルオープン。
『鬼平犯科帳』の世界観と江戸の街並みを再現するというコンセプト。
そしてパーキングエリアと言えば「食」

20151227DSC08418s.jpg

老舗の神田まつやが監修する蕎麦店や
日本橋たいめいけん監修の中華そばなど
飲食店舗のコンセプトも面白い。

20151227DSC08420s.jpg

そのなかでも、川魚問屋「鯉平」直営の鰻屋
「うなぎ忠八」が目を引く。
浜松のサービスエリアは別格として
いままで、パーキングエリアにうなぎ専門店が
あっただろうか。

20151227DSC08424s.jpg

休日のパーキングエリアの食事処は混みあう。
「うなぎ忠八」の店舗前にはサンプルが並ぶ。
うな丼1600円より。
持ち帰り用のうなぎ弁当もある、このあたりは
高速道路上ならでは。

20151227DSC08425s.jpg

店舗横の自動販売機で食券を購入する。
メニューもシンプルだ。
特うな重3200円のボタンを押す。
鰻重を券売機で買うのは慣れない。

20151227DSC08428s.jpg

ショッピングモールのフードコートのように
ポケベルを渡され、着席してベルが鳴るのを待つ。
蕎麦、ラーメン、定食と人によって
食べたいものが選べるのもパーキングエリアの
フードコートならでは。

20151227DSC08431s.jpg

待つこと10分、ベルが鳴る。
人出で混みあった通路をうな重の載った
トレイを持ち運ぶ。落としたら目も当てられない。
重箱いっぱいに敷き詰められた蒲焼。
この瞬間、特にしてよかったと思う。

20151227DSC08437s.jpg

「うなぎのぼりちゃんねる↑」より



皮はやや厚めだが柔らかい。
身はやや厚めで、よく蒸されて
トロッとした食感。
ボリューム感もあり。
タレは醤油系辛めのあっさりめ。

パーキングエリアでうな重が
食べられるとはびっくりだ。


お店のホームページ
https://www.driveplaza.com/special/onihei/annai/03-chu-hachi/

http://www.koihei.co.jp/





忠八

昼総合点☆☆☆☆



関連ランキング:うなぎ | 羽生市その他


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment