うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎのまち岡谷「第9回寒の土用うなぎ祭り」

寒の土用丑の日を推進している「うなぎのまち岡谷」の
PRイベントとして「第9回寒の土用うなぎ祭り」が
2016年2月11日に開催された。

祭りの目玉としては限定1200食のミニうな丼800円だ。
岡谷市内の鰻屋さんが集結して、うな丼を実演販売する。
しかもこの祭り限定のタレで焼き上げるというから気になるところだ。
このタレ、各お店のタレをブレンドしているとのことだ。

20160211o01s.jpg

岡谷市総合体育館スワンドームに到着したのは午前九時、
既に長蛇の列、みな、目当てはミニうな丼だ。
整理券をもらうために並ぶ。

20160211o02s.jpg

会場は10時から店舗ブースやステージが始まる。

20160211o03s.jpg

ご当地丼大集合、信州サーモン丼。

20160211o04s.jpg

ステージではゆるきゃらたちが集合する。
浦和のうなこちゃん。
多治見のうながっぱ。

20160211o05s.jpg

整理券をもらい、引き換え時間がきた。
ミニうな丼ゲット。
岡谷らしい、蒸さない地焼の蒲焼だ。
タレは甘すぎず、濃厚すぎず。

20160211o06s.jpg

スワンドームの外にも多数の飲食ブースが出店している。
松本から来たという焼肉屋さんとのこと。

20160211o07s.jpg

白醤油焼きうな丼、ちょっと冷めていたがなかなかいける。

第9回寒の土用うなぎ祭りの模様は
こちらの動画の方が雰囲気などが伝わることと思う。

「うなぎのぼりちゃんねる↑」より動画レポート




うなぎのまち岡谷のウェブサイト
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment