うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

第二回うなぎ愛好会の集い~うなぎ処古賀

第二回目のうなぎ愛好会の集い

すでに年末ムード、外の空気も冷たい。
うなぎ愛好会のメンバー5名と
第一回うなぎ愛好会の集いの会場である
吉川駅前の「鰻樹」の店主、鈴木さんもご参加いただいた。

20151210IIMG_0744s.jpg

第二回目の会場は
武蔵野線西浦和駅前の「うなぎ処古賀
南千住の人気店「尾花」で修行し、2009年に「うなぎ処古賀」を開店した店主の古賀さん。
「尾花」というと超トロトロの蒲焼を食べさせてくれる老舗だ。
今回はコース料理をいただく。

20151210IIMG_0746s.jpg

「先付け」~五種盛り、美しい盛り付け。
左の小鉢は、レバーテリーヌ風。
上にのっているのはクリームチーズと酒盗、好きだなあ。
中央上が骨一本揚げ、会席料理のような仕上げ。
中央下は鰭黒子風揚げ、鰻のヒレを揚げてある。
ヒレの串焼きも独特な食感で旨いが、揚げたヒレははじめて。
右上の小鉢は、バラぽん酢、サッパリとした味わい。
右下は鰻ハム、スモーキーながら旨味が凝縮されている。

20151210IIMG_0749s.jpg

「向付」~本鮪・甘海老・米鯰
鰻屋さんの刺身かと思うなかれ。
よく吟味された鮮魚、そして川魚を扱う店ならでは鯰。
「鰻樹」の店主、鈴木さんの鰻創作料理の解説などもあり
いろいろ勉強になる。

20151210IIMG_0750s.jpg

「焼き物」~うなぎ串アラカルト
短冊串、西京焼き、幽庵焼き、塩焼きで
いろいろな楽しみ方を伝えてくれる。
和食の領域だ。

20151210IIMG_0752s.jpg

「揚げ物」~八幡巻き天婦羅、獅子唐
瀬戸藻塩と蒲焼のタレでいただく。

20151210IIMG_0757s.jpg

「お食事」~うな重、御吸物
フワッとした食感とあっさりしたタレが
鰻の旨味を引き出す。

20151210IIMG_0761s.jpg

綺麗な焼き目、見た目の美しさも追求される。
蒲焼とタレとご飯のバランス、これが職人技なのである。

20151210IIMG_0768s.jpg

調理を終えた古賀さんも集いの輪に入り鰻談義。

「うなぎ処古賀」さんは、
日本のうなぎを育てる会」の副会長でもあり
完全養殖うなぎの実用化に向けての「うなぎ募金」も展開している。

なかなか職人さんとお話をする機会はない
まだまだ、知らないことがたくさんある。
鰻についてさらに理解を深めた夜でございます。

会場として引き受けてくれた古賀さん、そして
寒い中、お集まりいただきました皆様に感謝申し上げます。


「うなぎ処古賀」
さいたま市桜区田島5-10-5
JR武蔵野線 西浦和駅徒歩1分
TEL:048-753-9986
ホームページ



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment