うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水屋

清水屋

旧中山道、宮原付近で気になっていたお店。
店の前に"たれが違います"と大きく書いてある。

IMG_0722s.jpg

敷地内の駐車場に車を置く。
"たれが違います"と書かれた看板が
取り付けられているのは古井戸だ。

IMG_0723s.jpg

店内はカウンター4席、小上がり3卓
純和風の日本料理やといった雰囲気。
お一人様はカウンターへ案内される。
カウンター越しには調理場が見える。

IMG_0724s.jpg

メニューは、うな重(梅)2500円より。
(竹)2700円、(松)3450円
グレードによって鰻の大きさが違うとのこと。
会席料理と天ぷらや刺身もある。
本日の鰻は鹿児島産だそうだ。
(竹)2700円を注文する。

注文を受けた後に蒸し始める。
川魚のよい香りがしてくる。
蒸しあがると目の前の焼台で焼く。

IMG_0727s.jpg

待つこと20分、うな重登場。
皮は薄くやわらかい。
身はやや薄めだが、よく蒸されていて
ホクッと柔らかな食感だ。
タレはほんのり甘みとコクのある
さっぱり系のタレ。

漬物には奈良漬が入っている
これは嬉しい。
デザートにはメロンが付く。
落ち着いて食事が出来る
日本料理店だ。


「うなぎのぼりちゃんねる↑」より






関連ランキング:うなぎ | 宮原駅今羽駅東宮原駅

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。