うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

味治(みはる)


中野うな串巡り旅。

そして今回はゲストをお招きしての巡り旅。
ゲストとは、あの老舗うなぎサイト
大先輩の「うなぎ大好き」の管理人さん。
自分も古くから鰻屋さん情報の収集では
たいへんお世話になっている。

中野でうなぎの串焼きと言えば
「味治」「川二郎」の二軒の人気店がある。
今日は巡り旅なので、どちらも行きたい。
さてどちらから行くのがよいか悩む。
17時開店の「味治」から行くことにする。

20151125DSC08255s.jpg

開店前に「うなぎ大好き」の管理人さんと合流し
開店と同時に入店、周囲はすでに薄暗くなっている。
ブラックの外観と格子窓は割烹料亭を思わせる。

「味治」は2008年にオープンし7年になるという。
店主は元「川二郎」の二代目店主で、「川二郎」を
現在、中井で営業している「くりから」の店主に任せて
あらたに「味治」としてここに開店したのだそうだ。

店内はテーブル2卓、カウンター9席ほど。
奥には座敷席もある。

20151125DSC08256s.jpg

メニューは、短冊焼、きも焼、えり焼、八幡焼、
の串セットを中心に白焼き、蒲焼、うなぎ燻製などがある。
他には、カウンター内の壁になにげなく貼ってある。
酒のツマミには困らない。
串焼きは一本300円程度、懐にもありがたい。

「うなぎ大好き」の管理人さんと生ビールでスタートし
串セットをお願いする。

20151125DSC08259s.jpg

串セットが登場。
画像の左からえり焼、きも焼、八幡焼、短冊焼。
えり焼はやや骨っぽい部位だがトロッ柔らかい。
肝焼きは柔らかくトロッとした食感。
八幡焼は鰻とゴボウの串焼きだ。
短尺焼は旨味が凝縮されややプリッと柔らかい身だ。

20151125DSC08260s.jpg

「うなぎ大好き」の管理人さんが壁に貼ってある
ヒレ焼を発見。貴重な部位なのである時だけなのだそうだ。
ひれ焼(ニラ入り)
ニラとヒレとともに身の一部が一緒に巻かれている。
ヒレとニラの量のバランスも良くジューシーな串焼きだ。

20151125DSC08263s.jpg

ここでビールから、金宮(キンミヤ)に代える。
金宮(キンミヤ)は三重県四日市の老舗「株式会社宮崎本店」の焼酎。
https://www.miyanoyuki.co.jp/kinmiya.html
甘みがありそのままでも飲みやすい。
新宿のカブトあたりではこれにシロップを入れて飲んだりする。
今回は、女将さんにそのままコップに注いでもらう。
これがまた後から効いてくるのだが。

20151125DSC08269s.jpg

串セットの短冊焼はあっさりとしたタレ焼なのだが
これをすだち醤油とニンニク醤油でいただく。
すだち醤油ではサッパリとした味わい
ニンニク醤油ではパンチの利いた味わい
どちらも酒のアテにはぴったりだ。

20151125DSC08271s.jpg

白焼きをお願いして二人でシェア。
お一人様だとなかなかこうはいかない。
ホクッとトロッとした白焼きは
山葵醤油につけてもよし、塩でもよし
山椒でもよし、そのままでも美味しくいただける。

20151125DSC08275s.jpg

店主の焼いている姿を撮らせていただいた。
73歳になるのだそうだ、笑顔が素敵だ。
こんな風に粋に年を重ねていきたいなあと思ってしまう。
川二郎時代のお話もお聞きしていると
うなぎ串焼きのルーツも気になるところだ。

トイレ横の通路には
「春夏冬二升五合」うなぎ昇りとある
最近では見かけなくなり、読める人も少なくなって
きたのではないだろうか。粋なのだ。
そしてトイレには一冊のノート
お客さんからの一言が書かれていて
たくさんのお客さんに愛されているなあと感じる。
また、行きたいと思うおっ店のひとつだ。


ご一緒させていただた「うなぎ大好き」の管理人さんの
記事では天然メソのくりからの話などもあり興味深い
是非こちらもあわせてご覧くださいませ。
「うなぎ大好き」
中野 味治 ~32年ぶりの再会~
http://unagi-daisuki.com/post-5503



味治

夜総合点☆☆☆☆



関連ランキング:うなぎ | 中野駅新井薬師前駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment