うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎ割烹仲勢


このあと、新越谷で用事がある。
しかし待ち合わせ時間にはちょっと余裕がある。
隣駅の蒲生駅からは徒歩3分ほどの
「うなぎ割烹仲勢」に行ってみる。

20151003DSC07739s.jpg

暖簾をくぐると入口右手に生簀があり
フグが入っている。
左手にはうなぎの生簀と立て場がある。

20151003DSC07746s.jpg

店内は半個室の小上がり3卓と
テーブル席3卓、三階までが客席となっているようだ。
BGMは琴のサウンド、店主の対応もまろやかで
なんだか落ち着く店内だ。

20151003DSC07749s.jpg

メニューは宴会のコース料理をはじめ
うな重(梅)2500円より。肝吸いは別。
(竹)(松)とグレードで鰻の大きさが違うとのこと。
うな重は注文から20~30分お時間をいただくとのこと。
う巻き、うざく、肝焼きもある。
他には鴨、鯉、ふぐ料理がある。
うな重(松)3100をお願いすると
厨房からは圧力鍋の音が聞こえてくる。

20151003DSC07754s.jpg

待つこと30分、うな重登場。

皮は薄くトロトロと柔らかい。
身はやや厚めの身、フワッとトロッとした食感。
脂のノリもよくボリューム感も感じる。
タレはあっさりしたやや甘めのタレ。

20151003DSC07759s.jpg

ご飯の炊き加減もかためで好み
ちょっとタレがかかり過ぎている感じもあるが
くどすぎないタレなので許容範囲。
脂のノッたわりとボリューム感のある鰻だが
さっぱり甘めのタレでくどすぎない。


>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと
他のうなぎ系のブログご覧になれます。

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村


仲勢うなぎ料理

夜総合点☆☆☆☆



関連ランキング:うなぎ | 蒲生駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment