うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

つく梅

西新宿の裏路地。
新宿といってもちょっと細い路地を
入れば、住宅街に迷い込むことができる。
住宅街から空を見上げれば高層ビル。
そんなちょっとおかしな風景がある。

20151022DSC08014s.jpg

ごく普通の一戸建ての玄関に
「つく梅」と書かれた看板と暖簾。
その横にはごく普通のお宅の表札。
その下にはお品書きと営業中の札。

20151022DSC08018s.jpg

これは、インターホンを押して行くべきか悩む。
静かに玄関を開けると、そこはリビング?
店主と女将さんがラーメンを食べている。
既に13時半を過ぎている、一仕事終えたところのようだ。
申し訳なく思い、出直しますと言ったのだが
どうぞどうぞ店に入れてくれた。
あの、ラーメンのびちゃうんで召し上がってください
と、言ったのだが仕事モードに。
たいへん恐縮だ。

20151022DSC08019s.jpg

玄関で靴を脱ぎ、リビングいや店内に座る。
座卓3卓に座布団。
親戚の叔父叔母の家にでも来たかのような感覚だ。
さっきまで高層ビルを見ていたのに・・・。

テーブルにメニューがある。
うな重は中2000円より、上2500円、特上3000円。
蒲焼の中、上。肝吸いは別料金。
他にはビールとお酒、そして肝焼きのみの
シンプルメニュー。
グレードで鰻の量が違うとのこと。

特上をお願いしておとなしく待つ。
今回は肝吸いもお願いした。

20151022DSC08033s.jpg

待つこと20分、うな重登場。
皮は薄く柔らかく脂のノリも良い。
やや厚めの身はホクッとトロッとした食感だ。
タレは甘辛コクありやや濃いめ。

20151022DSC08034s.jpg

皮下の脂のノリがよく、ボリューム感がある。
ご飯とのバランスも良く、濃いめのタレで
ご飯もすすみ、満腹満足。
お値段も嬉しい限り。

店を出るころには、二人のお客さんが入ってくる。
知る人ぞ知る的なお店のようだ。


>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと
他のうなぎ系のブログご覧になれます。

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村


佃梅

昼総合点☆☆☆☆



関連ランキング:うなぎ | 西新宿駅大久保駅西武新宿駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment