うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

橋本食堂

橋本食堂

千葉県の養老温泉に奥様と二名様で
一泊の超プチ湯治に出かける。
その道中、以前から気になっていた橋本食堂へ。
駐車場は店舗前に第一駐車場があり
道を挟んだ反対側に第二駐車場がある。

20151017DSC07873s.jpg

東日本大震災の時に店舗も被害を受けた
ということもあり店舗の建物は新しい。
店内も広々として大広間席とテーブル席がある。

20151017DSC07885s.jpg

メニューは半身のうな丼が1000円より。
うな重(並)1800円、(上)2200円、(特上)3000円
鰻のぬた、鰻の南蛮漬け、鰻のかき揚げなどもある。
天重、カツ丼、親子丼、カレーライスなどもあり
鰻が苦手な親子連れでも大丈夫だ、さすが食堂だ。

旅に出ると財布のひもが緩むというもの
迷わず(特上)3000円をお願いする。
特上は二段重なのだ。
奥様はさほど鰻には興味が無いので
天重を注文。

20151017DSC07893s.jpg

待つこと15分、うな重登場。

皮は薄く柔らかく
身はやや厚め、ホクッと柔らかな食感。
タレは甘めだがくどくなくあっさりめ。
全体的にサッパリした蒲焼に仕上がっている。

20151017DSC07900s.jpg

少しご飯をかきわけて出てくる鰻様が嬉しい。
ご飯の炊き加減もちょうど良く、さっぱりした
仕上がりの蒲焼なので二段重でもくどさが残らない。
これだけの鰻が入ってこのお値段はとても嬉しい。

20151017DSC07901s.jpg

天重はややもっさりとした衣だが
さらっとした甘めのタレで
やはりくどくないのだそうだ。
天重にたいへん満足された奥様であった。

20151017DSC07991s.jpg

会計の時に、レジの横に冷蔵ケースがある。
ちょっと覗いてみると
骨せんべい、鰻の佃煮、白焼きのカットなどがある。
そのなかでも鰻みそをセレクト、宿でつまむことにする。
山椒味噌に刻んだ鰻が入った独特なお味
日本酒が欲しくなるところだ。





関連ランキング:うなぎ | 東金


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment