うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

新宿うな鐡

新宿うな鐡

実は二軒目、歌舞伎町の鰻将本店の後だ。
この友人もかなり鰻串に魅せられたようだ。
そして同じく歌舞伎町の新宿うな鐡へ。

20150817DSC07319_thumb.jpg

「うな鐡」の屋号はよく見かけるところだが
浅草うな鐡と池袋うな鐡も別の経営であり
創業1962年(昭和37年)新宿のうな鐡も別の経営とのこと。

20150817DSC07321_thumb.jpg

店に入口には赤提灯ならぬ白提灯が印象的。
店内は1階はカウンター席と奥にテーブル席
二階には大広間座敷席。
多くのお客さんで賑やかだ。

20150817DSC07325_thumb.jpg

カウンター上の冷蔵ケースには
仕込を終えた様々な部位の鰻串が並べられ
カウンター内の炭火で焼かれていく。
ちょうど空いたカウンター席に座る。

生ビールはないので瓶ビールを。
これまた注ぎつ注がれつがいいものだ。
メニューは鰻串をはじめ、銀杏や椎茸といった
野菜類の串焼きがある。
うまき、うなざくの定番から関東では珍しく八幡巻がある。
串のセットメニューはないので単品でお好みを注文する。
1本220円から300円程度。

20150817DSC07328_thumb.jpg

くりから焼、肉厚のくりからだ。
皮はパリッと旨味が凝縮された身。

20150817DSC07329_thumb.jpg

短冊、ヒレ巻。
短冊はタレ焼ちょっと辛め濃いめのタレが合う。
ヒレ巻は、ニラ入り、シャキッとジューシーが癖になる。

20150817DSC07332_thumb.jpg

カブト、よく蒸されよく焼かれたカブトは柔らかい。

20150817DSC07333_thumb.jpg

肝焼き、ちょいほろ苦旨味のある肝焼き。


職人さんが焼いているのを
見ていると蒲焼が食べたくなる。
蒲焼(上)2100円、(特上)3300円
違いは鰻の大きさとのこと。
職人さんに(特上)のほうが丸々してるよなんて
言われると呑兵衛は調子に乗って特上にするのだ。
そして蒸さない関西風焼にしてもらった。

20150817DSC07335_thumb.jpg

肉厚、皮パリ、表面サクッと
身の中はジュワッっと脂と旨味。
こんなことで酒が進んでしまう
歌舞伎町の鰻な夜なのでございます。
深夜まで営業していることも嬉しいところだ。


お店のホームページ
http://shinjyukuunatetsu.com/





関連ランキング:うなぎ | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment