うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷松川本店

渋谷松川本店

渋谷スクランブル交差点にある鰻屋「渋谷松川本店」
1951年(昭和26年)の創業、渋谷の駅前には
まだ高層ビルが無かったころだ。

20150803DSC07133_thumb.jpg

直営支店として東急東横店があり
姉妹店として「ひょっとこや」がある。
夕方のスクランブル交差点は人が多い。
暖簾をくぐるために人にぶつからないように気を付ける。

20150803DSC07134_thumb.jpg

店内は細長い、鰻の寝床のようだ。
内装はブラックと抹茶グリーンの和風モダン。
1階はテーブル6卓ほど、2階には個室もあるようだ。
店員さんは着物で接客。
人ごみの交差点の近くだということを忘れそうだ。

メニューは、鰻重(菊)2367円より。
(桃)2916円(桜)3456円(藤)3996円(葵)5076円
とグレードの刻みが細かく税込とはいえ値段設定も細かい。
一尾分のるのは(桜)からとのこと
グレードで鰻の量が違う。
限定で二尾分のいかだ重もある。
他には天ぷらや刺身などもある。

20150803DSC07142_thumb.jpg

待つこと15分、うな重登場。

皮、身とも柔らかい。
焼はやや強めで、ホクッとした身。
脂がよく落とされ、あっさりさっぱりした蒲焼だ。
タレは醤油系辛め。
身にタレがよく染み込んでいる
特に尻尾の部分によく染み込み凝縮されている感じだ。

20150803DSC07149_thumb.jpg

肝吸いが付く。
肝吸いの肝は炙られた肝が入る。
そして口直しに、ぜんざいがつく。
渋谷の雑踏とドア一枚で隔離された空間。

お店のホームページ
http://www.unagi-matsukawa.co.jp/




関連ランキング:うなぎ | 渋谷駅神泉駅


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。