うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うな串九三郎(五反田店)

うな串九三郎(五反田店)

2015年6月、五反田に新しい店ができた。
鰻の串焼きで一杯飲める店「うな串九三郎」
母体は株式会社93コーポレーション、
本社は渋谷だがオーナーが名古屋出身とのこと。
蒸さずに炭火で焼き上げた関西風が売りのようだ。
今後は店舗数も増やしていたいとのこと。

20150701DSC06846_thumb.jpg

五反田駅西口から歩くこと五分ほど。
店内は左手にカウンター10席ほどと
右手には簡易的な丸テーブル席が二卓。
カウンターの中は調理場で壁面には
カラフルなくりから様が描かれている。

20150701DSC06849_thumb.jpg

炭で焼くことにこだわりがあるそうで
焼き場は店内の奥にある。

メニューは鰻の串焼きが中心で一本280円より。
うざくや肝刺、蒲焼、うな玉などがあり
他には焼き鳥や冷奴といった居酒屋メニューも
あるので鰻が苦手な人が同行しても大丈夫そうだ。

20150701DSC06855_thumb.jpg

とりあえず、生ビールをお願いする。
最初はくりから、ヒレ、バラ、エリ、皮の
「うな串5本セット」を出すとのこと。
その後、お気に入りで注文する仕組みだ。
テーブルに鰻の部位がイラストで
紹介されていてかりやすい。

20150701DSC06858_thumb.jpg

くりから、炭火で焼かれ
パリッとトロッとした身は塩でいただく。
ヒレはニラが入りジューシーな味わい。
バラ、淡泊でサッパリとした食感。
タレはあっさりめのやや甘め。

20150701DSC06862_thumb.jpg

エリ、骨感も抑えめ。
皮は尻尾の部分でパリッとこってりした感じ。

20150701DSC06865_thumb.jpg

珍しく八幡巻があるので追加で注文。
なるほど、八幡巻の串焼だ。
ゴボウも柔らかく、鰻の身ともよく合う。

20150701DSC06867_thumb.jpg

ホッピーに飲みかえる。
そして気になる、名物九三焼。
白と黒があるという
白は白焼き、黒はタレ焼とのこと。
両方に興味がある。

20150701DSC06869_thumb.jpg

名物九三焼の黒
蒸さない蒲焼、皮はパリッと身は柔らか。
あっさりめのタレもよく合う。

20150701DSC06870_thumb.jpg

名物九三焼の白
これまた、皮は超パリッと
身はホクッとサクッとした中部系。

20150701DSC06875_thumb.jpg

このホッピーがなかなか効く。
順番的には先に食べたい肝刺し。
わさび醤油でいただく。

鰻のいろいろな部位を楽しみながら
飲める鰻串焼き屋さんは楽しい。
酒もすすんでしまうのだ。
若い店長も元気、こちらも元気をもらえるところだ。

2015年7月には西麻布の「RAUL」内にも
出店をするそうだ。


お店のホームページ
http://unakushi936.com/




関連ランキング:うなぎ | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment