うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

関東最古の醤油~ヒゲタ醤油

鰻のタレには欠かせない醤油。
醤油蔵を訪ねるのも面白い。

20150825h01_thumb.jpg

銚子のヒゲタ醤油、関東では最古の醤油と言われている。

1616年(元和02年)ヒゲタ醤油(銚子)創業、摂津の国の酒造家の勧めで、銚子で醤油の醸造を始めた。
「大極上々溜まり醤油」として、大豆が主体の「味噌溜まり」のようなものであったと思われる。

1697年(元禄10年)
ヒゲタ醤油(銚子)原料に小麦を配合するなど製法を改良、現在のこいくち醤油の醸造法を確立。
このころから地回り品(関東製造品)が流通することになる。

詳しくは「ヒゲタ醤油」のホームページをご参照。
http://www.higeta.co.jp/company/ayumi.html

20150825h02_thumb.jpg

工場敷地内は大豆の良い香りが漂っている。
通常工場見学もできるのだが、この日は機械の緊急メンテナンスとのことで
資料館のみを見学。
見学には事前予約は不要。

20150825h03_thumb.jpg

ヒゲタ醤油の看板。
ロゴ左上に「上」マークが付いているのは
お上から与えられた高品質の証なのだそうだ。

20150825h04_thumb.jpg

江戸時代から使われていた醤油樽。

20150825h05_thumb.jpg
懐かしい感じの街角の広告類。

土産にヒゲタの高級割烹醤油「本膳」のミニ瓶をいただいた。
これがなかなかいい醤油だ。

そして、売店で気になった「ひ志お」これは商品名だが
醤(ひしお)を商品化した、食べる醤油と言うものだ。
これがまた、美味。
「銚子山十」
http://www.hishio.co.jp/



うなぎの食文化2でも醤油についてちょっと触れている。
http://moumoutwins.blog59.fc2.com/blog-entry-600.html
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment