うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

大和養魚

創業1907年(明治40年)の浜名湖の「大和養魚」さんを見学させていただきました。

浜松で鰻の養殖が始められたのは1891年(明治24年)。
服部倉次郎氏が浜松で本格的に養殖を始めたのが1900年(明治33年)
多くの養殖業者が浜松を離れる中「大和養魚」は超老舗と言ってよいだろう。

20150528y01_thumb.jpg

東海道線、舞阪駅と弁天島駅の中間あたりに位置する。
「大和養魚」は養殖業だけでなく自社で加工販売まで一貫して行っている。

20150528y02_thumb.jpg

餌の製造工程も見せていただく。
飼料の配合具合などとても気を遣う作業なのだそうだ。
機械化が進んでいると言っても、やはり重労働だ。

20150528y03_thumb.jpg

餌やり風景。
二重のビニールハウスの中は、高温で蒸し暑い。
背中の「鰻人」は(うなんちゅ)と読み
大和養魚で鰻に関わる全ての人が「鰻人」(うなんちゅ)と呼ばれている。
鰻のプロの証なのだそうだ。

20150528y04_thumb.jpg

鰻の色が綺麗な色をしている。
よく見ていると、餌の中に潜れないで
もたもたしている鰻もいるようだ。

20150528y05_thumb.jpg

養殖池の底が土というのもここの特徴だろう。
バクテリアが住みやすい環境を作り
良質な水環境を保つのだという。
水車は酸素を取り入れるために不可欠な設備だ。

20150528y06_thumb.jpg

大和養魚で養殖加工された商品は
通販で購入することもできる。

「大和養魚」のホームページ
http://www.daiwaeel.com/

20150528y07_thumb.jpg

こちらは、鰻まぜごはんの素~腕自鰻。
http://www.daiwaeel.com/?pid=82739233

炊き立てのご飯に混ぜるだけ。
お手軽鰻レシピとなる。
この混ぜご飯の素をパスタなどに混ぜても美味とのこと。

大和養魚の女性社長さんは、
食べ方レシピにもこだわりがあり
新しい商品の開発に力を入れている。

お忙しい中、いろいろ教えていただき感謝申し上げます。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment