うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

川上商店

川上商店

前日、黒門市場を散策。
外国からの観光客で混みあっている。
黒門市場は文政期(1800年代)に発祥した魚市場だ。

20150608DSC06648_thumb.jpg

天下の台所と言われた大阪には
宝永年間(1700年代)を発祥とする木津市場もある。
こちらも見に行きたい。
市営地下鉄御堂筋線を大国町で下車
歩いて3分ほどで木津市場がある。

ちょっと場内を散策。
活きのいいいい魚が並べられているが
いまひとつ、魚の名前が分からない
関東の魚市場とは違う魚が並べられている。
鰻に似た魚がたくさんいるので
職人さんに聞いていみると鱧とのこと。
夏場の大阪は鱧がご馳走として並ぶのだそうだ。

20150608DSC06651_thumb.jpg

鰻はこちら「川上商店」
大阪住吉で「伊賀治」として明治時代に創業。
平成の時代から「川上商店」と屋号を改めたのだそうだ。
看板には「まむし」と書かれている。
店頭で蒲焼などを販売しているが、店内でも食事ができる。

20150608DSC06657_thumb.jpg

店内はテーブル4卓ほど。
チャキチャキとしたおばちゃんが切り盛りしている。
お一人様なので隅の二人席に座ると
おばちゃんが「広いところ座りーや」と言ってくれる。
恐縮でございます。

メニューはシンプル。
まむし(2切)1600円、上まむし(3切)2100円
特上まむし(1尾)2600円。肝吸いは別。
ここでも、きも吸いと、きも赤がある。
他には、うな玉丼、うまき、うざくがある。
まむし(2切)1600円をお願いする。

20150608DSC06659_thumb.jpg

待つこと5分、まむし登場。

香りがよい。
小さな丸いお櫃で出てくる。
皮はやや厚めややパリッとしている。
身の表面はサクッと仕上げてある。
肉厚の身は、フワッと柔らかい食感。
タレは、たまり醤油のきいたあっさり甘め。
関西焼の蒲焼を堪能。

20150608DSC06661_thumb.jpg

漬物に奈良漬がつくのも嬉しい。
肉厚でボリューム感もあり
ご飯の盛りもよく満腹になる「まむし」でございます。
大阪食いだおれを支える木津市場、本物の大阪がここにある。


お店のホームページ
http://www.unagi-kawakami.co.jp/





関連ランキング:うなぎ | 大国町駅今宮戎駅恵美須町駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment