うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

菱富

菱富

大阪を散策中、阿倍野から新世界
黒門市場を抜けて道頓堀の戎橋へ。
ちょっと歩きすぎたか、疲れた。

観光客で賑わう戎橋から道頓堀を
眺めると「うなぎ」の文字が
確かめずにはいられない。
立派な近代ビルの江戸焼うなぎ「菱富」だ。

20150607DSC06601_thumb.jpg

創業は明治中期。そんな古くから蒸した江戸風
というか関東風の店があったのか、さすが食道楽の街、
よいと思ったものは取り入れるのだろう。
大阪で江戸焼の老舗とはどんなものか気になる。

20150607DSC06613_thumb.jpg

1階はテーブル席、こちらに通されると思ったら
2階のテーブル個室に案内される。
ちょっと休憩のつもりがゴージャスな気分になる。
同階には座敷個室もある。

メニューは、うな重並(半串)1620円より。
上(一串)2700円、特上(一串半)3996円。
グレードでうなぎの量が違うようだ。
他には、鰻の天ぷら、鰻を湯引きした「おとし」
というメニューがある。
うざく、うまき、肝焼き、八幡巻。
うなぎの会席コース。

上(一串)2700円をお願いする
肝吸いは別。肝吸いと肝赤(赤だし)が選べるが
今回は注文せず。自分的にはあまり肝吸いは必要としない。

20150607DSC06618_thumb.jpg

個室席でのんびりできる。
待つこと10分、うな重登場。

なるほど、背開きの関東風だ。
皮は薄く柔らかい。
身はやや厚めでホクッと柔らかい食感。
ややパサついている部分もあるが
全体的には脂ののりも程よくホクッとトロける身だ。
ヒレをひいていないのかな?
関西焼の場合はヒレを引かないとされているが。
タレは、醤油の風味にみりんのきいた、コクありやや甘め。

20150607IMG_0204_thumb.jpg

江戸焼という粋なキャッチフレーズ。
大阪で関東風の蒸した蒲焼、頑張ってほしいところだ。
場所がら海外からの観光客も多いようだ。




関連ランキング:うなぎ | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment