うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

元祖うなよし

元祖うなよし

三島と言えばうなぎ。
三島でうなぎと言えば・・・

20150513DSC05852_thumb.jpg

三島で鰻を扱うお店は20軒もあるのだそうだ
わりと知られているお店としては
元祖うなよし、うなぎすみの坊本町店そして桜家。

うなぎすみの坊は店名を替えたようだ。
以前は、うなよし本町店だった。

「元祖うなよし」と「うなよし本町店」については
元々、うなよし本町店の場所で現在の元祖うなよし
が創業し営業していた。
店舗が手狭になり、現在の元祖うなよしの場所へ移転。
うなよし本町店は暖簾分けされ、うなよし本町店として営業。
元祖うなよしはその名のとおり元祖として移転先で営業。
その後、うなよし本町店はうなぎすみの坊と改名。
となかなかややこしい感じではあるが。
暖簾分けなので、両店の蒲焼スタイルは似ている。

20150513DSC05859_thumb.jpg

今回は三島のうなぎでは中心的な存在である、元祖うなよしへ。
黄色い建物が印象的だ。
自前の広い駐車場があるのは嬉しい。
入口に、混雑時は相席となるとの張り紙がある。

店内は、中央にテーブル3卓18席、カウンター6席。
左右に小上がり席24席ほど。
店員さんが席に案内してくれる。
開店30分後だが6割ほどの席が埋まっている。
お一人様はカウンター席へのご案内なのだろうが
既にカウンター席はいっぱい。
テーブル席での相席となる。

20150513DSC05860_thumb.jpg

メニューはうなぎ丼並(一匹)3300円から。
上(1.5匹)4850円とメニューはシンプル。
刺身がつくうな丼定食もある。
他には肝佃煮、骨せんべい、ねぎぬたなどがある。

20150513DSC05863_thumb.jpg

待つこと10分、うな丼登場。
皮はややパリッとしていて、身の表面もサクッと仕上げてある。
身はやや厚めでホクッと柔らかい食感。
タレは甘辛やや甘め、しょうゆの風味がきいてやや濃いめ。
やや強めの焼で醤油の香りがひきたつ。

20150513DSC05866_thumb.jpg

口が広めの丼に大きめの蒲焼がのるスタイルは見た目豪快。
濃いめのタレでご飯もすすむ。
ガッツリいただけるうな丼だ。

店を出るころはちょうど正午
平日なのに既にお客さんが並んでいる、人気店だ。

お店のホームページ
http://www.unayoshi.co.jp/index.html





関連ランキング:うなぎ | 三島広小路駅三島田町駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment