うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

関西風地焼うなぎを焼いてみる。

20140331DSC06902_thumb.jpg

関西風といっても背開きだし
なんちゃって関西風の蒸さずに焼く蒲焼。

20140331DSC06911_thumb.jpg

うな重特上。
プリプリした歯ごたえのある蒲焼。
トロトロのうなぎ蒲焼も好きだが
プリプリとした地焼の鰻も好きだ。

20140331DSC06915_thumb.jpg

お好みで、焼ちょっと強め。
ガスコンロの魚焼きで焼いただけにしては旨い。
鰻の風味も凝縮されている。

20140331DSC06918_thumb.jpg

白焼き上。
これはなかなか焼き目がきれい。
皮側もちょっと強めに焼いてパリッと仕上げ。
蒸さない白焼き。

20140331DSC06925_thumb.jpg

うなぎの蒲焼上。
プリプリの蒲焼、箸では切れないのでかぶりつき。

鰻屋さんの大変さが少しだけ分かった。
自宅で生の鰻を調理してみるのも
自分のお好みで焼けるのと、いろいろ発見もある。

道具も家にあるもので何とかなるが
魚焼きでタレ焼すると、タレが焦げ付いて
後始末が大変かも。

また工夫してリベンジしてみたい。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment