うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松駅 自笑亭 うなぎめし

20150606DSC06433_thumb.jpg

続いて浜松停車。
1854年(安政元年)創業の自笑亭のうなぎめしをめざす。
新幹線売店はやや名古屋寄りの4号車付近。
停車と同時に数人が走っている、うなぎ弁当を買いに行く人のようだ。
なんか出遅れた・・・。

20150606DSC06434_thumb.jpg

出遅れたため売店後方で並ぶ、新幹線発車しないか?
あまりのんびり選んでいる時間もなく「うなぎめし」をゲット。
うなぎ弁当(赤ワイン仕込)というのもあったのだが
ノーマルのうなぎめしにする。
駅弁らしい掛け紙はないが、ほのかに暖かいのが嬉しい。

20150606IMG_0187_thumb.jpg

まだ、ほんのり暖かいうなぎ弁当。
皮がやや厚めで、箸であっさり切れるほどではないが柔らかい。
どうしても先ほどの三島駅のうなぎ弁当と比較してしまう。
脂のノリ加減はこちらのほうがある。
やはり冷めてもかたくならないうなぎ弁当を追及して欲しいところ、
うなぎと言えば浜松、今後に期待したい。

なかなかのんびりと汽車旅で駅弁ということも
少なくなってしまったが、たまには駅弁いいものです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。