うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

鮒与

鮒与

志村坂下の賑わいのある商店街からは
ちょっと離れたところに創業1975年(昭和50年)「鮒与」がある。
一軒家住宅風の建物だが、暖簾が出ているので鰻屋だと分かる。

本蓮沼の鮒与(鮒與)が本店のようだが
その関係は今後調べてみたいところだ。

20150324DSC05573_thumb.jpg

店内はカウンター5席、テーブル1卓、
小上がり12席ほど。
初老の夫婦が営んでいる。
カウンターの下には文庫本
本棚には絵本などが置いてある。

なるほど、時間がかかるための気遣いのようだ。
メニューにも、注文してからご飯を炊き
うなぎを焼きはじめるため30~40分ほど時間がかかるとある。

メニューは、舌代として
うな重(松)2500円より
(竹)3000円、(梅)3500円、(特上)4000円となる。
他にはうなぎ茶漬け、蒲焼、白焼き、肝焼きと
ちょっとした酒の肴がある、シンプルなメニューだ。
グレードでうなぎの大きさが変わるとのこと。
(竹)3000円肝吸い付をお願いする。

20150324DSC05575_thumb.jpg

店内に貼られた、ボケない五箇条が面白い。
そして「春夏冬二升五合」うなぎ昇りの掛け軸
久しぶりに見た気がする、これ「商いますます繁盛」と読む。
「春夏冬」で秋がないから商いと読み、
「二升」で升升だから、ますますと読み
「五合」は半升なので繁盛と読むのだとか、縁起物ですな。

カウンター内の調理場を見ると
鉄なべでご飯を炊いている。
これで炊くおこげご飯が好きだったなあ・・・。
電気炊飯器ではそうはいかない。
こういう雰囲気、どこかホッとしてくつろげる。

20150324DSC05579_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場。

皮は薄く、パリッと仕上げてある。
身は普通の厚みだが、表面をややサクッと仕上げてある。
パリッとサクッとした食感で中はトロッと柔らかい。
わりとボリューム感のあるうなぎだ。
タレは、醤油系辛めのサッパリしたタレだ。
やや焼強めで炭の香りとともに香ばしい。
ご飯はかための炊き加減で好み。
タレとご飯でいけそうだ。

20150324DSC05584_thumb.jpg

のんびりした時間が流れる店内
丁寧な仕事でいただくうな重でございます。
帰り際、店主に炭の世話が大変ですねと声をかけると
お客様が来てくれないと金をくべているようなものだよと
笑いながら応える、粋な店主なのだ。





関連ランキング:うなぎ | 志村坂上駅志村三丁目駅本蓮沼駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment