うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

いば昇

いば昇

名古屋の街を散策しながら錦へ。
錦3丁目界隈、錦三(きんさん)名古屋の歓楽街だ。
この一角に、創業1909年(明治42)の「いば昇」がある。
ひつまぶしの発祥の店のひとつと言われている。

20150311DSC03854_thumb.jpg

13;00頃、お店に到着、木造二階建ての老舗らしい外観
どうやら満席らしい、5分ほど待ったが、割烹着姿の仲居さんに
奥の座敷席に案内してもらう。
ちょっとした中庭の見える、お座敷部屋。
純和風の店内で雰囲気も良い。

20150311DSC03857_thumb.jpg

メニューはシンプル、丼2050円より。
上丼3000円、櫃まぶし2800円、長膳2700円など。
鰻の量でお値段が変わる。
お吸い物は別料金。
それでも老舗=高額というイメージではない。
丼2050円と肝吸いを注文する。

ちなみに、「ひつまぶし」あつた蓬莱軒の登録商標
こちらでは「櫃まぶし」と表記している。

20150311DSC03864_thumb.jpg

急須と湯のみが出される。
セルフだがお茶をくれと店員さんを呼ばなくても
よいので、自分的にはこちらのほうがいい。

20150311DSC03867_thumb.jpg

待つこと5分、丼登場。

丼の蓋をあけると蒲焼が4切れ。
皮は柔らかい、身の表面はややサクッとした食感。
やや肉厚の身は、ホクッと柔らかく、炭の香ばしさを感じる。
タレは甘辛甘めやや濃いめ。

ご飯の炊き加減は柔らかめ。
米の研ぎ方なのか質なのか、米の粒が割れているのがちょっと残念。
並みの丼ということもあるが、蒲焼に対してご飯の量は多めだ。

吸物にいは菜の花が入る、お出汁はちょっと濃いめ。

お店のウェブサイト
http://ibashou.jp/




関連ランキング:うなぎ | 栄駅(名古屋)栄町駅久屋大通駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment