うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うな富士

うな富士

名古屋へ出張。
ここに来たら食べたい地焼のうな丼。
名古屋駅から地下鉄桜通線に乗り丸の内で鶴舞線に
乗り換え鶴舞駅から歩いて13分ほどの「うな富士」へ。
実は知人からおススメされたのが「うな富士」。

20150310DSC03727_thumb.jpg

ビルの一階、店内はテーブル席40席ほどか。
開店時間は11時、今は11時10分だが、すでにお客さんが入っている。
ブラウンと白の和風モダンの落ち着いた店内だ。

20150310DSC03729_thumb.jpg

メニューは、うなぎ丼3400円より、上うなぎ丼4320円。
ひつまぶし4320円、上ひつまぶし5960円。
丸特うなぎ膳は限定で6890円。
丸特とは文字通り厳選した特別な鰻なのだそうだ。
グレードで鰻の量が違う、切り身の数が違う。
他には一品料理として、白焼、長焼、うざく、うまき、肝焼きなどがある。
面白いメニューでは、うなぎの蒲鉾でうなぎの枕や、うな粕がある。
持ち帰り用の丼ものメニューも豊富だ。

20150310DSC03734_thumb.jpg

おとなしく待つ、
お隣は長焼き膳か?ずいぶんと豪華そうだ。
11時半前だというのに、お客さんが次々入ってくる。

20150310DSC03738_thumb.jpg

待つこと15分、うな丼登場。

地焼きは関東の蒸し焼きに比べると出来あがりが速い。
丼の蓋を開けると鰻が4切れのっている。
山盛りのどんぶりにテンションがあがる。
皮はパリパリっと身の表面はサクッサクッと
身はやや厚め、かむとジュワっとトロっとする。
皮下の脂ののりも程よくコッテリという感じではない。

20150310DSC03741_thumb.jpg

タレは濃厚甘めだがほんのりきかせていて、濃すぎずくどすぎず
サクッとジュワッするものの程良いボリューム感
わりとあっさり系のバランスのよい、うな丼だ。
ご飯は堅めの炊き加減で好み、タレの染み込み加減もちょうど良い。
食べ進めていくと、中からもう一切れのうなぎ、これは嬉しい。
ご飯の中で程良く蒸され柔らかな食感。
丼の上の鰻とはまた違った食感を楽しめる。

20150310DSC03745_thumb.jpg

小鉢に、うな粕がつく、はじめて食べるがこれは珍味。
酒が欲しくなる。
吸い物よいお出汁。
見た目元気系ボリューム感のある鰻だが、
バランスよくくどすぎない、わりとあっさり上品系の地焼きうな丼だ。
女将さんの笑顔の接客が素敵だった。
レジ横に、二軒ほど他の鰻屋さんの名刺があった。
女将さんに聞くと、ここで修行した子たちが店を出しているので
ここに名刺を置いているのだそうだ。親心なのだ。
ちなみに、名古屋市東区の「清月」、三重県四日市の「喜多川」
機会があれば行ってみたいものだ。





関連ランキング:うなぎ | 鶴舞駅東別院駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment