うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

十番うなぎ はなぶさ

十番うなぎ はなぶさ

地焼のひつまぶしが食べたい。
麻布に名古屋特有の「地焼き」という伝統の調理法で
うなぎを食べさせてくれる店があるようだ。
六本木ヒルズから下ったダウンタウン、麻布十番。
老舗の和菓子屋、お洒落なカフェ、居酒屋などが
集まった賑やかな街だ。

20150304DSC03677_thumb.jpg

麻布十番商店街の真ん中、きみちゃん像のある交差点。
場所的にはこのあたりなのだが・・・。
十番うなぎはなぶさの看板を発見。
看板には「はなぶさへお越しのお客様は501を押してください。」
とある。
ビル入口のオートロックのボタンを501と押す。
インターホン越しに「どうぞ」という返事が返ってきた。
そして、オートロックの自動ドアが開く。
なんだか隠れ家的な鰻屋さんだ。

20150304DSC03678_thumb.jpg

一人エレベーターに乗り、5階で降りる。
エレベーターを降りるとすぐ、店の入り口だ。
店内は江戸カラーを基本にした
和風モダンな内装、テーブル席で15席ほどか。
店内にらせん階段があり、一つ上の階は
個室のVIP ROOMとなっているそうだ。
気さくで上品な雰囲気の女将さんが接客してくれる。
窓際の席に案内される、夕暮れ時の麻布十番の街が見下ろせる。
BGMはスロージャズが静かに流れている。

20150304DSC03681_thumb.jpg

メニューは、プチひつまぶし2800より。
ひつまぶし4800円、上ひつまぶし5800円、特ひつまぶし9300円。
うな丼シングル3000円、ダブル4800円、トリプル5800円。
うなぎの量でお値段が変わる。
他には、おつまみとして白焼き、三河牛ヒレ肉などがある。
ランチコースは5000円から、はなぶさ特選コース8000からもある。
メニューには写真もあり、分かりやすい。
そして、女将さんが蒸さない名古屋風地焼について解説をしてくれる。

20150304DSC03685_thumb.jpg

仕事もひと段落したところ、ビールでも飲むか?
いや、この雰囲気はワインか・・・グラスワイン赤をお願いする。
お通しには、鰻の骨せんべい。

20150304DSC03689_thumb.jpg

揚げた鰻の骨だが、甘めのタレが少々かけてある。なかなかよい。
ひつまぶしをお願いする。
麻布十番の街を見下ろしながら、ワインで一杯
なかなか気分がよい。

20150304DSC03697_thumb.jpg

ワインが無くなるころに、ひつまぶしの薬味などが運ばれる。
そして間もなく、ひつまぶしが登場。
お櫃の蓋を開けると、うなぎがびっしりと敷き詰めてある。
ひつまぶしをいただくときのお約束?
一杯目:お茶碗にうなぎとご飯をよそり、そのままいただく。
二杯目:お茶碗にうなぎとご飯をよそり、薬味とわさびをお好みでつけていただく。
三杯目:うなぎご飯をお茶漬けにしていただく、薬味とわさびもお好みで。

20150304DSC03700_thumb.jpg

とりあえず、一杯目。
お茶碗にうなぎとご飯をよそる。
皮は薄くパリッとしている、身の表面をややサクッと仕上げてある。
身の厚みは普通だがフワッと柔らかい。
このパリサク感を楽しみたい。
そしてタレは名古屋系甘辛甘めの濃厚なタレだがくどすぎない。

二杯目は薬味を添えて、子ネギ、わさびと刻み海苔。
パリッとサクッとした地焼の鰻だけでいただくのもよいが
薬味とともにいただくのも好きだ。

20150304DSC03703_thumb.jpg

さて、三杯目。
お茶漬けにするにはまだ早い。
ふたたび、薬味とともにいただく。
つい、地焼の鰻ばかりを食べてしまいご飯が残る。
ここで出し汁をかけて、お茶漬けとしていただく。
食べ方は人それぞれのお好みでよいと思う。
漬物に奈良漬けが入っているのは嬉しい。

ひつまぶしは刻まれた鰻でお櫃の中を敷き詰めるが
うな丼は刻んでいない鰻が丼にのる。
この雰囲気の中では、談笑しながら
ふつまぶしでいろいろな食べ方をするのもよいかもしれない。
女性客が多いのもなるほどだ。
東京で名古屋風のひつまぶしがいただけるのは珍しい。
蒸さない地焼の鰻がいただけるのも珍しい。

関東の蒸したうな重も魅力がある。
蒸さない地焼の鰻のうな丼にも魅力がある。
そして、ひつまぶしにも魅力がある。
お好みで選んでいただくのがよいだろう。

お店のウェブサイト
http://www.jyu-ban-unagi.com/




関連ランキング:うなぎ | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment