うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うな長

うな長

新潟へ車で出張。
帰りは高速代を節約、国道17号線で帰る。
前橋に入るころは夕食時、
両毛線前橋駅の南1Kmほどのところにうな長がある。

20150123DSC03286_thumb.jpg

駐車場は店前三台と店裏側に10台ほど。
店裏手の駐車場の方が広くて駐車しやすい。
店内は、店入口すぐにカウンター5席ほど
左手と奥には個室座敷がある。

20150123DSC03292_thumb.jpg

メニューは、うな重(梅)2/1尾1900円より。
(竹)4/3尾2700円、(松)1尾3500円。
メニューに量が表示してあるのでグレードで
量が違うことが分かりやすい。
他には肝焼き、柳川、刺身、うなぎ茶漬け。
ふぐ、スッポンも扱っている。
夜の献立としてツマミ類の品揃えも多い。
地酒の種類もわりと豊富にそろえている。
(松)1尾3500円をお願いする。

20150123DSC03299_thumb.jpg

玄米茶が美味い。
アットホームな雰囲気の店内。
夕食どきお客さん次々と入ってくる。
人気店のようだ。
川魚の香りを楽しみながら大人しく待つ。

20150123DSC03295_thumb.jpg

待つこと25分、うな重登場。

皮はやや厚めだが柔らかい。
身は厚め、表面の焼きは強め
フワッとトロッとする食感。
タレは独特な感じ、コクある醤油系甘めやや濃いめ。
皮下の脂ののりよし、蒲焼のボリュームもあるが
タレも負けていない。
ご飯の炊き加減がかためで好みだ。

20150123DSC03300_thumb.jpg

すりおろしたとろろもついてくる。
そのまま食べても良いのだが
ちょっと蒲焼と一緒にいただいてもいいかもしれない。

ボリューム元気系のうな重でございます。
食事を終え店を出るころには、店内はいっぱいになっている。





関連ランキング:うなぎ | 前橋駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment