うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

岡野川魚店

岡野川魚店


20141219DSC03079_thumb.jpg

臼井方面い出張の際通りかかったお店岡野川魚店。
昼食をいただいた「喜楽」にほど近いところ。
川魚店を見れば通り過ぎるわけにはいかない。
持ち帰り専門の川魚店、鮮魚店とも違う。

20141219DSC03142_thumb.jpg

店舗横の数台の駐車スペースに車を置き
店内を覗いてみる、人の気配はしないが・・・。

ワカサギの甘露煮、えびの佃煮などが置いてある。
奥から若い店主が出てきた、
創業50年を超えるのだそうだ、店主によると
ばあちゃんの代から続いているという。

20141219DSC03145_thumb.jpg

古くは印旛沼でとれたものを
佃煮などにして、都心まで印旛名産として行商に行っていたのだそうだ。
現在は3代目の若店主が店を継いでいる。

20141219DSC03150_thumb.jpg

うなぎは、蒲焼、白焼き、肝焼きがあるというが
本日は売切れとのことで残念。
しかしこの出張は泊りで明日寄ることが出きそうだ。
白焼きと肝焼きを明日の予約にして店を出た。


仕事も片付き、予約をした時間に店に向かう。
白焼き、肝焼きそしてうなぎのタレを購入して家路を急ぐ。
タレは、香取市の千葉醤油株式会社の製造だ。
http://www.chibashoyu.com/
帰宅後の楽しみがあるのは嬉しい。

20141219DSC03152_thumb.jpg

帰宅後、紙包みを開け白焼き肝焼きを取り出し
魚焼きグリルで弱火でゆっくり焼く、というか温める。
手軽だが電子レンジは避けたいところだ。
鰻の身から脂がジュクジュクしてきたら完成。

白焼は、わさび醤油で頂く。
ちょうど、某店のお土産として持ち帰った
生わさびがあったので、すりおろしながらいただく。
なかなか肉厚の白焼き。
ややプリッとした柔らかいうなぎだ、風味もよい。

20141219DSC03163_thumb.jpg

肝焼きには購入したタレをかけていただく。
なかなか大き目の肝だ、ほろ苦さもちょうど良い。
やっぱり日本酒が合いそうだ。
自宅で旨い白焼きと肝焼きがいただけるのは嬉しい。


全国発送もしているようだ、詳しくはお店のウェブサイトへ。

お店のウェブサイト
http://okanokawauo.com/





関連ランキング:その他 | 京成臼井駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment