うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

高嶋家

高嶋家

老舗うなぎ屋にて会食、嬉しい。
創業1875年(明治8年)小舟町高嶋家。
創業当時は東京神楽坂だが、後すぐに
日本橋小舟町に移転。

20141218DSC03086_thumb.jpg

ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟
愛新覚羅溥傑が店を訪れており書を贈っている。
関東大震災、東京大空襲などで店舗の立て直しを
経てきたという現在の小舟町の店舗は、
ビルだらけの界隈に老舗らしさを残している。

20141218DSC03087_thumb.jpg

店内一階はテーブル席などがあり、
木製の重厚な階段を上がると、座敷個室がある。
階段の踊り場には古い掛物が多数、森繁久弥などのものもあり興味深い。

20141218DSC03088_thumb.jpg

座敷なのだが椅子とテーブルで食事をすることができる。
座敷で座って食べるよりも椅子に腰かけられる方が楽だ。
通していただいた部屋には、愛新覚羅溥傑が贈ったという
書が飾られていて重厚感を感じる。

20141218DSC03089_thumb.jpg

メニューは、鰻重箱(竹)2400円より。
(梅)3400円、(菊)4400円、菊は共水うなぎとのこと。
他には、きじ重、親子丼、玉子丼、刺身などもあり。
本日は会食ということで、コース料理をいただく。

20141218DSC03093_thumb.jpg

先付け~天豆、磯つぶ貝
天豆とは空豆のこと、天に向かって伸びるため
空豆の別名として天豆ということがあるそうだ。

20141218DSC03094_thumb.jpg

う巻
厚みのある鰻とふわふわの出汁巻玉子
柚子おろしでいただく。

20141218DSC03097_thumb.jpg

肝焼き
大きすぎない上品な肝はあっさりしたタレ焼、
実山椒の佃煮とともにいただく。

20141218DSC03098_thumb.jpg

特上共水鰻白焼き。
わさび醤油でいただく。
酢橘を少々ふって生わさびをすりおろしながらいただく。
カボスは大分の特産で酢橘よりも大き目、酢橘は徳島の特産。
共水うなぎ、このところ取り扱う鰻屋さんが増えてきたように思う。

20141218DSC03101_thumb.jpg

共水うなぎとは、大井川の幻のブランド鰻で
養殖工程で天然に近い四季を作り出し低ストレスで飼育することで
うなぎの持つ本来の甘みをうなぎ自身の力で得ることのできるように
しているのだそうだ。
身に甘みがあり、脂っぽくなくねっとりした食感が特徴的だ。
白焼きで食すのがお勧めなのだそうだ。

20141218DSC03103_thumb.jpg

うざく
さっぱりとした食感と鰻の相性がよい。

20141218DSC03112_thumb.jpg

お食事
特上共水鰻、お椀、香の物
皮は薄く柔らかい。
身の表面はややパリッと仕上げてあり
トロッとフワッとねっとりした食感。

20141218DSC03122_thumb.jpg

タレはサッパリとした醤油系。
鰻の甘みとさっぱりとした醤油が合う上品なうな重。
お椀は赤だしを好みで選ばせていただいた。

20141218DSC03126_thumb.jpg

水菓子~苺のブランマンジェ生姜黒蜜
ブランマンジェ牛乳をゼラチンで固めた冷菓だ。
うなぎ屋さんでこんなお洒落なスイーツをいただけるとは
思わなかった。
生姜黒蜜と苺が合う。季節の水菓子だ、粋である。

鰻三昧のコース料理を堪能致しました。
一品のうな重も1階のテーブル席で頂くことができる。
あっさり、さっぱり上品なうな重がお好みの方にお勧めだ。

20141218DSC03138_thumb.jpg

本日腕を振るっていただいた職人さんと少しお話し。
高嶋家5代目となる明るく気さくな若さんだ。
お店の入口にかけられている木製の看板歴史の深さを感じられる。
うなぎ蒲焼という食文化の継承。
うなぎ専門店で食べる機会を少しでも増やしていただけたら・・・。
鰻もうなぎ専門店も大切にしていきたいものでございます。

今回は明治創業の老舗で頂く、ブランド鰻の鰻三昧のコース料理。
なんとも贅沢なひとときでございます。
このような機会をいただきT様には感謝申し上げます。

お店のウェブサイト
http://www.takashimaya.info/

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment