うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

志満金支店

志満金支店

志満金支店、この名前がどうにも気になっていた。
神楽坂志満金で聞いたところによると
昔、のれん分けをしたことがあると聞いたことがあります、とのこと。
神楽坂 志満金の支店ではないとのことだった。
行ってみないと分からない。

20140920DSC01587_thumb.jpg

場所は新宿荒木町、旧花街の外れ曙橋駅近くだ。
新宿から四谷三丁目、外苑東通りを散歩がてら歩く。
倉庫、町工場、オフィスなどの雑居ビルのなかに
白地の暖簾にうなぎと書いてある店がある。
外観は街の食堂だが、志満金支店と書いてある。
ランチ時は過ぎているが先客2名。
美味しそうな大盛りのカツ丼を食べている。

店内はカウンター席5席とテーブル3卓ほど。
昭和レトロな街の食堂だ。
女将さん一人で切り盛りしているようだ。
冷たい麦茶を出してくれる。

20140920DSC01593_thumb.jpg

メニューはうな丼1300円より。
うな重1300円、上うな重2000円
特うな重2500円、特上うな重3000円。
それぞれ、肝吸い付。
グレードで鰻の大きさが違うとのこと。
他には、かつ丼、親子丼、うな玉丼などがある。
一瞬、さっき見たかつ丼を注文しそうになる。
なんだか旨そうなかつ丼だった。
かつ丼、親子丼にも上のグレードがある。
悩んでいると女将さんが何にします?と。
上うな重2000円をお願いする。

20140920DSC01600_thumb.jpg

待つこと20分、うな重登場。

皮は薄くトロッとする脂ののり。
身の表面をサクッと仕上げてある。
厚さは普通の厚さ?
3000円代のうな重なら普通かもしれないが
これは2000円のうな重、このお値段なら立派な蒲焼だ。
身はトロッと柔らかい。

20140920DSC01603_thumb.jpg

タレは醤油系辛め濃いめ。
かためのご飯と濃いめのタレでご飯がすすむ。
ご飯の盛りも多めだ。
ボリューム感のあるこってり辛めのうな重だ。
しかもこのお値段でだ。いいねえ。

20140920DSC01605_thumb.jpg

肝吸い、大きな茶碗で量が多い。
漬物の盛りも多め、奈良漬が入る。
肝吸いと漬物は食堂な雰囲気だ。
なんだか不思議な魅力のお店だ。
食べたら歩く、店を出て
水道橋まで歩く。


あなたのおススメの鰻屋さんを教えてください!
うなぎ好きによる、うなぎ専門グループ「うなぎ愛好会」
投稿お待ちしております!




関連ランキング:うなぎ | 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment