うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

赤城

赤城

久しぶりに新橋あたりを
連れとともにうろうろしている。
一杯やりたい。

新橋大和田の前を通り過ぎた後
ふぐ、うなぎの看板が。
入口の赤提灯がなんとも暖かい感じ。

20140814DSC01084_thumb.jpg

店内はカウンターとテーブルと奥に座敷で25席ほど
二階にはお座敷個室がある。
創業は1941年(昭和16年)とのこと
二代目と三代目の店主それぞれ
ご夫婦で切り盛りされている。

20140814DSC01089_thumb.jpg

テーブルには電気調理器が埋め込まれている。
ふぐちりをするためだろう。
メニューはふぐ料理が中心、
ふぐコース、ふぐ刺、ふぐちり、ふぐの天ぷらなど
うな重は3000円のみ、香の物肝吸い付。
蒲焼、白焼き、肝焼きがある。

20140814DSC01085_thumb.jpg

20140814DSC01092_thumb.jpg

生ビールを注文
そして肝焼き(2本600円)と、本日の刺身を注文。
お通しにはバイ貝。

20140814DSC01094_thumb.jpg

本日の刺身
鯵、鮪、蛸そして刺身の巻物。

20140814DSC01095_thumb.jpg

肝焼き
見た目はヒレ焼、食べてみるとヒレ焼
外はパリッと中はジューシーな食感が嬉しい。
ヒレ巻の中には小ぶりの肝が入っている。

20140814DSC01102_thumb.jpg

ここで熱燗を注文。
肝ヒレ焼でちびちびとやる。
間もなく、うな重登場。

20140814DSC01106_thumb.jpg

皮はやや厚め、皮感があり。
身はやや薄めホクッとトロッとする身だ。
タレは甘辛やや甘めのコクのあるタレ。
ご飯の炊き加減、かためで好み。
まんべんなくタレがかけられている。
ちょっとご飯の露出が多いのは少々残念だが、
ややコクのあるあっさり系の蒲焼だ。

20140814DSC01115_thumb.jpg

どちらかというと、下関産のふぐをメインにされているお店。
ポン酢は、酢を一滴も使わない自家製のポン酢なのだそうだ。
新橋の路地裏は誘惑が多い。
この後また一軒ひっかかっていく。

お店のウェブサイト
http://www.shinbashi-rk.com/shop/akagi/index.htm





関連ランキング:ふぐ | 新橋駅内幸町駅汐留駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment