うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

やしま

やしま

JR御徒町駅を降り新御徒町駅方面へ歩くこと10分ほど
住所的には元浅草、蔵前のあたり。
シャッタが閉まっている会社も多いが
このあたりは下町の町工場が多い。

DSC00582_thumb.jpg

新御徒町駅近くのやしまへ行く。
店内はテーブル4卓、座敷6卓。
下町のおばちゃん風の店員さんに
テーブル先に案内される。
親戚のおばちゃんの家といった雰囲気だが
内装も綺麗にしてある。
なんだかホッと落ち着くお店だ。

DSC00587_thumb.jpg

この雰囲気で気も緩み、瓶ビールをお願いする。
プレミアムモルツの小瓶だ。
お通しには納豆?かと思ったが
煮大豆にワサビと青のりが添えられている。
これがなかなかいいツマミになる。

DSC00598_thumb.jpg

メニューはうな重上2900円より。
それと特上3500円に2種類とシンプルだ。
グレードで鰻の大きさが違うとのこと。
それぞれ香の物と肝吸いが付く。
他には蒲焼、白焼き、
やっこや板わさなどのおつまみ系がある。

そしてメニューには
当店はご注文をいただいてから
活鰻を裂いているためお時間かかること
ご了承くださいとある。
そして一人前一本づつ使用していると書いてある。
これは嬉しい、一杯やりながらのんびり待つことにしよう。
残念ながら特上は売切れとのこと
うな重上2900円をお願いする。

DSC00604_thumb.jpg

店主が鰻を裂きはじめるのが厨房の隙間から見える。
やっこと冷酒を注文。
冷酒は兵庫のお酒、くだりものだ。
やっこはおろし生姜と小ネギが添えられた木綿豆腐。
一人でちびちびやりながら待つ。
こういう時間って貴重だと思う。

待ってる間にお客さんも来る。
30代くらいの女性のお一人様
いきなり、冷酒に上うなご飯少なめでと注文している。
常連さんなのだろう。

座敷席の予約のお客さん
50代くらいの男女
どうも夫婦ではないようだ。
雰囲気は逢引っぽい・・・。

近所の奥さんが出前用の竹かごを
美味しかったと言いながら返しに来た。

さらに40代くらいの女性のお一人様
どうも女性客に好まれるお店のようだ。
周囲のお客さんを観察しながら待つ
しょうもないおっさんなのだなあと思う。

DSC00610_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場。
皮はやや主張があるが、柔らかく川魚の風味あり。
身はやや厚め、フワッとトロッとした身だ。
程よい脂ののり、川魚の風味が出ている。
タレはキリッとした醤油系辛め。
鰻の甘み旨味とあっさりタレが合う。
ごはんはやや柔らかめ
好みとしてはもうちょっとかための方が好みだ。
裂きたての肝吸いも風味がよい。

DSC00615_thumb.jpg

都内で裂きたてをいただけるのは珍しい。
会計の時にちょっと店主に話を聞いてみた。
この地で創業31年目になるという。
ずっとこのスタイルでやってますんで、と。
活鰻から裂いて出すのは大変な仕事でしょうに
なんとも謙虚な店主なのでございます。

DSC00627_thumb.jpg

やはり鮮度は大事なんですな。
別の鰻屋の店主に聞いたことがあるが
どろくさいってのは脂が酸化したものだそうだ。
事前に白焼きまで済ませても
いかに脂の酸化を抑えるか考えるところなのだそうだ。
これからも裂きたてのスタイルを
続けていただきたいと思う。




関連ランキング:うなぎ | 新御徒町駅稲荷町駅田原町駅

スポンサーサイト

2 Comments

三河島  

懐かしい

やしま良く仕事終わりに寄らせて頂きました。あの煮豆上手いですよね!
あの界隈はやしま(やしまって工務店だかなんかの看板ありませんでした?)以外にも銘店がまばらに点在して面白いです。

2015/09/02 (Wed) 19:13 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

>三河島さん

コメントありがとうございます。

煮大豆旨かったです。
シンプル料理ですがどこかお店の温かみを感じます。
やしま工務店という看板はちょっと気が付きませんでしたが
おっしゃる通り、重厚な木製看板をよく見かけました。
粋を感じる街でしたね。

2015/09/02 (Wed) 21:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment