うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

鰻菜詩GINZA

鰻菜詩GINZA

本日は会食の予定。
銀座、三笠会館の隣のビルの地下一階
鰻菜詩GINZAにて会食。

20140806DSC00513_thumb.jpg

階段を降り店内に入ると、ガラス張りのオープンキッチン。
照明が落とされたお洒落な店内。
ガラス張りのオープンキッチンは
職人さんの焼いている姿が見えるライブ感を大切にしながら
衣服へのにおいなどの配慮なのだそうだ。
場所柄和服のお客さんも多いようだ。

20140806DSC00514_thumb.jpg

浜名湖産うなぎを復活させたいという思いから
養鰻場を開始し試行錯誤を重ね
2012年6月オープン養鰻場直営の
鰻中心の和食割烹「鰻菜詩」を銀座にオープン。
浜松にも直営店舗を持つ。
店名の鰻菜詩(うなしー)は、社長がLUNA SEAが
大好きだからということから店名にしたのだそうだ。

20140806DSC00521_thumb.jpg

鰻だけでなく和食メニューやワインの種類も豊富。
うなぎに合うワインリストがある。
うな重は梅3500円より竹4950円、松6700円。
シャンパンやワインで創作系の鰻料理を
お洒落な空間でというコンセプトのようだ。

20140806DSC00529_thumb.jpg

炭火鰻肝焼き720円、
小振りで柔らかく程良い
苦みもなく女性でも食べやすいだろう。
タレは甘めだ。

鰻ざく830円、さっぱりとした鰻をいただく。

20140806DSC00532_thumb.jpg

西京焼2060円、西京味噌の甘みと
香ばしさと鰻の旨味がよく合う。

20140806DSC00546_thumb.jpg

鰻菜詩小丼2580円
蒲焼き、とろろ、お茶漬けの3種をちょっとずつ楽しめる。

20140806DSC00559_thumb.jpg

一番人だという鰻菜詩重3500円
蒲焼、皮めをパリッと仕上げよく焼いてある。
身はやや厚め、ふっくらトロッとした食感。
白焼きはわさび醤油でいただく、焼き目は上品。
炭火焼きの良い香り、ご飯の硬さもちょうど良い。
タレは甘口なのだが、関東に合うように甘さを抑えているそうだ。
浜松の店とはタレを替えているのだそうだ。

銀座という場所柄
ワインやシャンパンで鰻いただくのもよいかもしれない。
接待や女子会、記念日によいお店。


お店のウェブサイト
http://www.hamanako-unagi.com/

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment