うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

れすとらん海鮮庵

れすとらん海鮮庵

一階の漁協の蒲焼が食べたいがために
連れとは別行動になった。
5分ほどで出てくる地焼うなぎは
食べ終わるのも早い。
連れの待つ、れすとらん海鮮庵へ合流。
20140807DSC00659_thumb.jpg

一色さかな広場の二階にあるれすとらん海鮮庵。
店内は広く奥には座敷もある。
合流したところ連れたちは、いま注文したところだという。
テーブルに広げられたメニューには、うな丼やうな重が。
これを見てしまったからには食べなくてはいけない。
漁協のうな丼の量も少なめだったので、まだいける。

20140807DSC00691_thumb.jpg

海鮮御膳、海鮮丼、うにいくら丼など
海鮮系のメニューが豊富だ。
うな重・うな丼は2970円(肝吸い付)、ひつまぶし膳3100円。
うな丼は2970円を注文する。

うにいくら丼2160円、ずいぶんと贅沢に魚卵がのっている。

20140807DSC00695_thumb.jpg

うな丼登場。
0.75尾の蒲焼だ。
ここは一尾分ほしいところだ。
皮はやや弾力があり厚めだが柔らかい。
身は厚め、フワッとトロッとした食感だ。

20140807DSC00698_thumb.jpg

地焼ではあるがカリッとパリッとした感じは
抑えられている。
タレはやや甘め、コクのあるタレだ。
ご飯の盛りは多め、炊き加減はやや柔らかい。

なかなか満腹になるうな丼でございます。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 一色町その他

スポンサーサイト

2 Comments

とあ  

こんにちは~
うなぎよりいくらに目が行ってしまった(^_^;)
うなぎ、食べに行かなきゃ
今年は鰻食べてないっ(笑)

2014/08/29 (Fri) 12:11 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

>とあさん

コメントありがとうございます。

お値段考えても
いくら丼に目がいってしまいますよねえ。
うなぎさんは高いですねえ・・・。

2014/08/29 (Fri) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment