うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

赤坂有薫(あかさかゆうくん)

赤坂有薫(あかさかゆうくん)

こちらは九州郷土料理のお店だ。
食べログのマイレビューアーassyassyさんが
九州の柳川うなぎせいろ蒸しがあると教えてくれた。
東京で柳川のせいろ蒸しがいただけるとのことで
うなぎ串好きのお仲間と行ってみることにする。

20140526DSC07563_thumb.jpg

場所は東京メトロ赤坂駅を出た真ん前、
東急プラザ赤坂の3階にある。
メインはあくまでも九州郷土料理。
開店直後に入店、はやく一杯飲みたいところだ。

20140526DSC07564_thumb.jpg

純和風の店内には梁のある天井
ダークな色調で落ち着く雰囲気だ。
テーブル席それぞれが、
九州の地名の名がつけられているのが面白い。
窓の外は赤坂の街、ロケーションもよい。

20140526DSC07570_thumb.jpg

蒲焼、白焼き、そして
柳川うなぎせいろ蒸しをお願いする。
あくまでも鰻屋ではなく九州料理屋さんだ。
着物を着た可愛らしい若女将に
おすすめを聞いてみた。
むつごろうのタレ焼はどうかとのこと。
なるほど、九州らしい。

20140526DSC07578_thumb.jpg

お通しで一杯やっていると、
蒲焼・白焼きが登場。
なかなか厚みのある、大き目の鰻だ。

20140526DSC07584_thumb.jpg

蒲焼は、お好みでガリと一味でどうぞとのこと。
なるほど、ガリも合うもんですな。

20140526DSC07587_thumb.jpg

白焼きは、同じくお好みで山葵とゆず胡椒でどうぞとのこと。
九州独特の甘目の醤油にゆず胡椒、これも新しいお味。

20140526DSC07590_thumb.jpg

そして、むつごろうのタレ焼。
頭からかぶりつく、少々骨っぽい感じもするが
わりとあっさりした味わいの身と
甘辛濃いめのタレが合い、これまた酒がすすむ。

20140526DSC07591_thumb.jpg

最後に、柳川うなぎせいろ蒸しが登場。
竹の皮に包ままれている、これがせいろ蒸しか・・・。
これは、酒席の最後にシメ的に頂くようだ。
お土産にするお客さんも多いとか。

20140526DSC07592_thumb.jpg

食べ方というか前準備があるそうなので
着物姿の可愛らしい若女将さんにお願いした。

20140526DSC07595_thumb.jpg

竹の皮の包みを開けると
タレで炊き込んだご飯に
しっかり蒸されたうなぎがのる。
大型の鰻の押し寿司のようだ。

20140526DSC07596_thumb.jpg

うなぎの上に錦糸卵を添えて彩も華やか。
蒸されてあっさりとしているうなぎと
タレで炊き込んだご飯がよく合う。
なるほど、シメにはちょうど良い。
かなり腹も満たされる。

東京でいただける
九州柳川うなぎせいろ蒸し。
たまには気分を変えて、九州食文化で
一杯やるのもいいものだ。
若女将さんをはじめ、店員さんの
明るい対応で気持ちよく一杯やれるお店だ。

お店のウェブサイト
http://www.akasakayukun.com/





関連ランキング:郷土料理(その他) | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment