うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

川豊本店

川豊本店

ご無沙汰してしまった千葉の墓参りに行くことにする。
とはいっても、奥さんとお子様たちが墓まりだけ行っても
あまり楽しめないでしょうと思い、
ちょっと足を延ばして、成田まで行くことにする。
男子には航空科学博物館、女子には美味しいパン
奥さんには成田山の参道さん、そして自分にはうなぎ。
こんな計画をたてて出発。

20140429DSC07340_thumb.jpg

墓参りを終え、成田山参道へ到着したのは午前10:00。
朝食抜きでここまで来たので、早めの昼食にしたいところだが、
うなぎ屋さん、まだやっていないよなあ・・・。
成田山の駐車場に車を停め、参道を歩く。
祝日だけあって人手が多く、すでに店も営業している。

20140429DSC07341_thumb.jpg

駿河屋さんの店前で、職人さんが
鰻を派手に捌くのを見ながら
男子がうなぎ食べるの?と聞く。
そうだそれを待っていたのだぞ。
鰻でも食べるかと・・・自分。

20140429DSC07342_thumb.jpg

さらに参道を進み、川豊本店の前。
ここでも店先で職人さんが鰻を捌いている。
こんなに早い時間から開店しているんですな。
店内もまだお客様はちらほらいるだけ、
四名様ご来店。

20140429DSC07343_thumb.jpg

明治43年、主に鰻や鯉などの
漁をして卸を始めたのをきっかけに
大正14年、現在の本店のからは外れるが、
丸豊川魚店を構えたとのこと
このころ鰻料理が成田に広まり名物と
なったのだそうだ。
昭和42年、丸豊川魚店より川豊として
現在の本店の場所となる。

店手前にテーブル席5卓ほど、
奥の座敷には70席ほどあるだろうか。
二階席もあるようだ。
趣のある建物と店内、魚拓などが飾られている。
職人さん3人が鰻を裂いているそばに着席する。

20140429DSC07344_thumb.jpg

入口で食券を購入するシステムだ。
メニューはうな重2300円から。
上2900円、特上3900円と
シンプルなお品書きだ。
グレードで鰻の大きさと量が違う、
メニューに写真があり分かりやすい。
肝吸いは別料金。
他には白焼き、蒲焼、鯉のあらい、
鯉こく、骨せんべいなどがある。
骨せんべいと、うな重、うな重上、
そして肝吸いを注文する。

20140429DSC07345_thumb.jpg

待つこと20分、うな重登場。

皮はやや厚め、皮目の焼はやや弱め。
脂がのり、トロッとした食感。
身はやや厚め、柔らかくほっくりトロッとした身だ。
タレはほんのり甘みのある、ひかえめなタレだ。
脂はのっているが全体的にひかえめあっさりなうな重だ。
ご飯の量がやや多めだが、
タレがよく染みて美味しくいただける。

20140429DSC07370_thumb.jpg

こちらはうな重並。
若干、上より小ぶりな感じがするが
この値段なら納得満足だ。
肝吸いの肝はプリッとした食感。
10時半には1階席がすべて埋まるくらいの人気店だ。
店を出るころには2階席に客を通していた。
若いアルバイトさん達も大忙しだ。

参道老舗のあっさりほっくりのうな重でございます。

20140429DSC07359_thumb.jpg

同じく成田山参道にある駿河屋さんとも
また違ったタイプの蒲焼だ。
ここ成田周辺にはうなぎ屋が多い
うなぎのぼりの街成田というキャッチコピーだ。
鰻料理をメニューにした料理店などが60軒もあるという。
成田のうなぎについては別の機会にブログ記事にしたい。

お店のウェブサイト
http://www.unagi-kawatoyo.com/






関連ランキング:うなぎ | 成田駅京成成田駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment