うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

古久屋分店

古久屋分店

職人醤油の高橋社長と会食
うなぎをご一緒しましょうと
お誘いいただいた。

古久屋本店は以前伺ったことがあるので
前橋駅まで車でお迎えしていただき
古久屋分店に向かう。
駐車スペースは店の斜め前に数台分ある。

20140619DSC07890_thumb.jpg

一軒家の鰻屋さんスタイル。
店内はテーブル1卓6席
左側に小あがり3卓
女将さんがお茶を出してくれる。
聞くところ創業40年になるのだそうだ。

20140619DSC07894_thumb.jpg

メニューはシンプル、うな重2625円から。
上2940円、特上3360円、肝吸いは別料金210円。
他には蒲焼、肝焼きがある。
グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。
本日は特上はないとのことで上2940円と肝吸いをお願いする。

醤油ソムリエさんと、お話しながら待っていると
店内には、うなぎの焼くいい香りが広がる。

20140619DSC07901_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場

皮は薄めでパリッと仕上げてある。
身はやや厚め、フワッとトロッとしている。
皮下の脂ののりもよく、身と溶け合って
とろっととろける食感。
タレはキリッとした醤油の香る濃いめのタレ。

20140619DSC07908_thumb.jpg

ごはん炊き加減もちょうどよく
タレと蒲焼きのバランスも良い
タレは本店よりもややコクがあるかな?

肝吸いの肝はプリッとして
椎茸の出汁きいた肝吸いだ。

20140619DSC07909_thumb.jpg

ボリュームのあるこってりトロトロの
うな重でございます。
古久屋本店、古久屋分店
ともに、前橋を代表する鰻屋さんだ。

腹も気持ちも満足し、
その後、職人醤油の直営店を
案内していただいた。
職人醤油のレポートはこちらでご覧くださいませ。




関連ランキング:うなぎ | 中央前橋駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment