うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚醤

20140516DSC06825_thumb.jpg

魚醤をお取り寄せしてみた。
うなぎ屋さんのタレは
味醂と酒のアルコールを飛ばすため
沸騰させるのだが、この段階で
焼いたうなぎの骨や頭を入れるところもあるという。
その風味を魚醤で出せないかと思った・・・。

20140516DSC06827_thumb.jpg
日本三大魚醤
秋田のしょっつる
香川のいかなご
能登のいしる
とこれもまたいろいろあるわけだ。

その中でも手に入りやすい
能登の「いしる」と「よしる」
をお取り寄せしてみた。
いしるはイカからよしるは魚から。

クセになるようなクセがすごい。
ほんの少量でものすごい主張をする醤油だ。
タレと調合するにはちょっと使い方が難しいようだ。

鍋料理に使うことにする。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。