うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

花菱

花菱

文人と鰻屋はよく語られることが多い。
大正から昭和初期アララギ派を代表する歌人だった斎藤茂吉。
医師であり、うなぎ好きとしても知られる。
斎藤茂吉の日記に、頻繁に鰻を食べた記述が出てくるという。
「午前中原稿があまり進まなかったが、うなぎを食る。
午後になっていくらか原稿が進み夕食にまたうなぎを食べた。
夜の10時ごろにはかなり原稿が進んだ」というような日記だ。
さらには「茂吉と鰻」(短歌新聞社)では、斎藤茂吉の日記から
鰻を食べた回数を調べ上げている、それによると902回だそうだ。
そして注文するのは並か中だったのだそうだ。
戦中の物資不足の時には、鰻の缶詰を買い込んで
少しずつ食べていたとか、現在ではほとんど目にしない鰻の缶詰だが
当時は明治屋や浜名湖食品などで販売されていた。

20140407DSC07005_thumb.jpg

昭和11年(1936年)「暁紅」からの作品でこんな歌を詠んでいる。
「あたたかき鰻を食ひてかへりくる道玄坂に月おし照れり」
斎藤茂吉氏も贔屓にしていたと言われる名店、
昭和初期の創業、現在三代目の道玄坂花菱だ。

20140407DSC06966_thumb.jpg

渋谷駅ハチ公前を後にして
道玄坂を歩くこと3分ほどで
平成元年に新築したという花菱に到着。
入口はビルのちょっと奥になるが
大きな看板も出ていて分かりやすい。

20140407DSC06978_thumb.jpg

地下1階にテーブル席、座敷席がある。
1階にもテーブルが2卓ほどあるが
地下1階がメインの客席となるようだ。
店内にはジャズが静かに流れる
和風モダンの内装だ。

20140407DSC06983_thumb.jpg

とりあえず瓶ビールをお願いする
肝焼きはすでに売り切れで残念。
お通しには鯛の天ぷらのマリネ。
そしてヒレ焼き、かぶと焼きをお願いする。
ビールと鰻の串もので一杯、幸せな時間だ。
ヒレ焼きは柔らかく甘辛ジューシー
かぶと焼きは崩れる骨感、濃いめのタレが合う。

お食事メニューは
花鰻重1800円より
うな重小2700円、中3300円、大4300円
うなぎは鹿児島産でグレードで鰻の大きさが違うとのこと。
静岡県大井川のブランド鰻共水を取り扱っており共水鰻重は5200円。
他にはうなぎまぶし、うなぎ雑炊、うまき、うざくがある。
お刺身、焼き鳥やイカ焼きなど一品料理も揃っている。
なんだか気が大きくなったのか大4300円をお願いする。

20140407DSC06989_thumb.jpg

待つこと30分ほどでうな重登場。
皮はやや厚め、皮下の脂もノリがよく
ボリューム感あり。
身は厚め、フワッとトロける身だ。
タレは程よい甘辛、やや甘くこくのあるタレだ
ボリューム感のあるうなぎには
やや甘めのコクタレが合うようだ。
ご飯の炊き加減もややかためで好み。
ボリューム感のある鰻とコクのあるタレで
ご飯がすすむのだ。

20140407DSC06993_thumb.jpg

花菱の創業者は岐阜の出身なのだそうだ
なるほど1階席に置いてあった、
岐阜の宮内庁御用達の醤油
関ヶ原たまり醤油をみて納得。
この醤油の旨味はすごい。

斎藤茂吉が食していた当時は
共水うなぎは、まだなかった。
並みか中を食したそうだが
それでも、ボリュームのあるうな重
だったのだろうと想像する。



関連ランキング:うなぎ | 神泉駅渋谷駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment