うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

ほさかや

ほさかや

赤羽から池袋で副都心線に乗り換え
横浜中華街行の電車で自由が丘へ。
乗り入れが複雑な副都心線だが
うまく乗りこなすと便利だったりする。

20140313DSC06382_thumb.jpg

創業昭和24年のほさかやさんへ行く。
自由が丘駅を南口で降りてしまった。
お店は北口のほうが近い、駅の周りを
ぐるっとまわり北口へ。
東急東横線と東急大井町線の高架に挟まれた
飲食店街にある。
営業は11:30からちょうど開店直後。

20140313DSC06383_thumb.jpg

暖簾をくぐると笑顔がすてきなオヤジさんに迎えられる。
店内はコの字型のカウンターに20席ほど。
ザ昭和な雰囲気の店内、使い込まれたカウンターは味がある。
とりあえず、瓶ビールを注文。
キリン一番搾りだ、お通しには漬物。

20140313DSC06384_thumb.jpg

うなぎ串メニューは、
肝焼き、ひれ焼、からくり焼、かしら焼、塩焼きとある。
ひれ焼、かしら焼は夜のみとのことでちょっと残念。
仕込みに手間がかかるのだろう。

20140313DSC06385_thumb.jpg

肝焼き、からくり焼を注文。
からくり焼とはいわゆる、くりから焼。
壁に貼られたメニューにはからくり焼と書いてある。

20140313DSC06391_thumb.jpg

からくり焼は1本350円、肝焼きは1本300円。
苦みの効いた肝焼き、タレはあっさりした醤油系。
からくり焼は、プリッとした食感と皮のパリッとした感じがよい。

20140313DSC06393_thumb.jpg

昼時、背広姿の男性がパラパラと入ってくる。
みなランチうな丼1200円を注文している。
それと瓶ビールは欠かせないようだ。
うな丼の持ち帰りの弁当注文もいくつかあるようで忙しそうだ。
見ていると食べたくなる、うな丼をお願いする。

20140313DSC06396_thumb.jpg

次々と蒲焼を焼いているので
5分程度でうな丼登場。
0.75尾の蒲焼がご飯の上にのっている。
皮はやや厚めだが柔らかく、普通の厚みでほくほくとした身だ。
タレあっさり辛め。

20140313DSC06399_thumb.jpg

御飯にもしっかりタレがかかっていて、ペロッと食べてしまう。
御飯の盛りが多めだが、タレで食べてしまう感じだ。
けっこう腹いっぱいになる。
1200円の炭火で焼かれたうな丼なるほど皆が頼むわけだ。

店を出るころにはほぼ満席の状態。
お店も忙しそうだ。
お会計二人で4300円。
雨が降ってきた、次の店に行ってみよう。




関連ランキング:うなぎ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment