うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

鯉とうなぎのまるます家 総本店

鯉とうなぎのまるます家 総本店

すっかりうなぎ串焼きが好きになった
仕事関係の彼から連絡があった。
今度、休みの日を合わせて朝から鰻の串焼きめぐりませんか?と。
朝からという、鰻の串焼きでお茶は飲まないよと言うと、承知しているという。
朝からね、自分も嫌いではない。
いろいろお店をピックアップして、その日の行程を組みたててみる。
何軒いけるかな、朝からと言えば赤羽スタートか・・・。

当日、午前9時に赤羽駅集合ということになった。

20140313DSC06366_thumb.jpg

赤羽駅東口から赤羽一番街へ。
一番街を100メートルほど進んだところに、
昭和25年創業の鯉とうなぎのまるます家 総本店がある。
若いころには赤羽でよく飲むことがあった。
当時は、なかなか近寄りがたい雰囲気をかもしだしていた。
久しぶりの赤羽一番街、昔よりちょっと洗練されたのかもしれない。

20140313DSC06369_thumb.jpg

まるます総本店の前に到着。
あれ、看板あたらしく綺麗にしたのかねえ。
昔ほどのディープ感は感じられないが
こちらは朝の9時から営業している。
既に焼き場では蒲焼を焼いている。

20140313DSC06370_thumb.jpg

店に入るとこの字型のカウンターが2セットと
テーブル席2卓ほど、40席ほどあるだろうか。
二階にはお座敷席もあるようだ。
10名ほどの先客がいる。
朝食営業ということだが、朝食を召し上がっているようには見えない。
テーブルの上には生ビールのジョッキ、焼酎が並んでいる。
スーツにネクタイ姿の男性がちらほらいるのもちょっと驚いた、会社はどうした。
中年の女性の姿もある。
なんども言うが朝の9時過ぎだ。

20140313DSC06371_thumb.jpg

郷に入っては郷に従え、というからね。
とりあえず、瓶ビールを二人でやる、サッポロのラガーだ。
壁に手書きのメニューが貼ってある。
黄色い紙に赤字は飲み物だ、白地に赤はおつまみ系のようだ。
おつまみ系の種類は豊富、どれも酒に合いそうなものばかりだ。
鯉のあらいや鯉のうま煮などもある。
お酒類はおひとり様3本までの張り紙が面白い、まるます家の約束のようだ。
飲み過ぎは注意だ。

20140313DSC06372_thumb.jpg

うなぎ系の串焼きは、肝焼き、カブト。
肝焼は夕方からとのこと。
カウンター越しにお客の注文を取るのは、元気良いお姉さん方だ。
カブト焼を注文する、二本で300円。
ホロホロと骨がくだける柔らかいカブト。
タレはあっさり醤油系。

蒲焼は1300円、1500円、1800円とある。
ちなみにうな重は、1500円、1700円、2000円となる。
蒲焼1500円を注文。
そして、一本シェアのつもりだった瓶ビールを追加注文。

20140313DSC06375_thumb.jpg

蒲焼は皮やや厚め皮下の脂のノリよく
肉厚トロトロの蒲焼だ。
タレはあっさり系だがうなぎのボリューム感とちょうど良い。

カブト焼をお代わり。
二本で300円とはお安い。
時間はまだ10時を過ぎたくらいだが
お客さんが次々と入ってくる。
店を出るころには半分程度の席が埋まり
皆ジョッキ片手に一杯やっている。

ここは、夕方には満席になり、席待ちになる
けっこう朝からがおすすめかもしれない。
普段ありえない異空間を感じられて楽しい。
たまには、いつもと違うことをやるのも
新鮮かもしれませんなあ。

お会計は二人で3200円を支払って
次の店に行く。
まるます総本店の裏手にある
ほろほろ鶏と鰻の川栄は仕込中。
11:30からの営業なのだそうだ。
電車に乗り次の地へ。





関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment