うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

どぜう飯田屋

どぜう飯田屋

しかし今夜はどじょうである。

さっきまでうなぎさんしょで飲んでいたのだ。
本当は帰るつもりで浅草駅方面へ向かっていた。
さんしょを出て1分くらい駅に向かう通り道だ、
どうにも気になる店、どぜう飯田屋。
店の外観からしていい雰囲気、やっぱり入っちゃうんだな。
創業は1903年(明治36年)、当初の屋号は「飯田」だったが
後の昭和40年ごろに「どぜう飯田屋」に改めたそうだ。
暖簾には合羽ばしどぜう飯田屋とある。
このあたりは合羽橋道具街が近い。

20140301DSC05978_thumb.jpg

どじょうをお店で頂くのははじめてだ。
小さいころ近所の魚屋でどじょうを売っていて
たまに家で柳川鍋を食べたのを記憶している。
父などは川でとって食べたのだそうだ。
昔はいくらでもとれて、おやつ感覚だったそうだ。

20140301DSC05980_thumb.jpg

さて、店の引き戸を開けると、おばちゃんが迎えてくれる。
おばちゃんに迎えられると、なんだか安心する、
いろいろお世話をしてくれるからだ。
靴を脱ぎ大広間の奥の座卓に案内される。
各テーブルにガスコンロが設置されている。

20140301DSC05981_thumb.jpg

メニューは、どぜう鍋1500円をはじめ
柳川鍋、なまず鍋、どぜう・なまずの蒲焼やから揚げ、
うな重などがある。
柳川鍋はどじょう鍋を玉子でとじたもの、
どじょう鍋は割り下にどじょうとネギをのせたもの
なのだそうだ。
どじょう鍋をお願いする、そして熱燗も。

20140301DSC05989_thumb.jpg

おちょこ一杯を飲んだところで、
割り下とどじょうがはいった鍋が登場する。
そして長角升にネギがたっぷり入っている。
コンロに火が入れられる。
煮立ったらネギをお好みで入れ適当なところで
火を止めて召し上がってくださいとのこと。
自分で調理するわけだ。

20140301DSC05990_thumb.jpg

広い大広間で、ひとり火加減を見ながら
一杯やるのもいいものだ。
ちなみに骨抜きどぜう鍋もあったのだが
はじめてなのでスタンダードなどぜう鍋だ。
おお、ぐつぐつしてきた。
割り下の甘い香りもしてくる。
そろそろネギか・・・、もう食べごろか?

20140301DSC05991_thumb.jpg

一匹つまんでみる。
柔らかい、いわゆる臭みも感じない。
すきやきを思わせる、甘めの割り下。
どじょうは骨抜きにしなくても、小骨は気にならない。
ちいさいころ家の柳川で食べた時は
骨っぽさがあってあまり好みではなかった記憶があるが、
これはなかなかいける。
頭の部分も柔らかくしてあり、食べやすくいいお味だ。

大広間でどじょうをいただきながら一杯やる。
日本の食文化だねえ。粋だねえ。
お酒とどじょう鍋で2100円。
さて今度こそ帰るとするか。
しかし、まだ駅までの道に罠があるのだった。


お店のホームページ
http://asakusa-ryoin.jp/iidaya/





関連ランキング:どじょう | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment