うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古久家

古久家

新潟出張の帰り前橋の古久家に立ち寄る。
中央前橋駅の国道50線近く。
店の前に駐車場は二台分ほどあるのだが
近くのコインパーキングに車を置き3分ほど歩く。
創業80年という古久家。
店舗外観は昭和の割烹料理屋さんといった感じだ。

20140225DSC05866_thumb.jpg

入口右手には焼き場。炭で焼いている様子がわかる。
細長い店内奥の座敷に案内される。
6畳二間の座敷席に4卓、つい立で仕切られている。
女将さんが暖房をつけてくれる。

20140225DSC05872_thumb.jpg

メニューはシンプル。
うな重1800円より上2400円、特上2700円。肝吸いは別200円。
他には蒲焼、白焼き、10月から3月限定でふぐ料理がある。
特上でも3千円以下とはありがたい。
グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。
うな重特上をお願いする。肝吸いもつけた。
注文をした後は、お茶をすすりながら静かに待つ。

20140225DSC05878_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場。
皮は薄くやや弾力あり。
身は厚め、プリッとした食感を残しながら
ふっくらと柔らかい。
皮下の脂のノリもよく、プリふっくらの身と合わさりとろけていく。
タレは、見た目の色は濃いのだが
さほど主張せず、ひかえめな醤油系タレだ。
ごはんにもしっかりとタレがかかっているが
わりとあっさりした感じの独特のタレだ。

20140225DSC05889_thumb.jpg

独特のタレながら、蒲焼、ご飯とのバランスもよい。
なかなかボリュームのあるうな重だ。
肝吸いの肝は、苦みのある肝感がある。
2千円台でこのバランスとボリュームでいただけるのはありがたい。
群馬の人気うなぎ店、アットホームなお店で満足でございました。




関連ランキング:うなぎ | 中央前橋駅前橋駅城東駅

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。