うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

つるや

うなぎ つるや

東武線浅草駅、松屋の出口を出て
信号を渡ると新仲見世の入口となる。
この新仲見世は昭和5年の松屋の開店
とともに出来てきた商店街だ。
仲見世を進んでいくと江戸時代からの
仲見世と交差しさらに西へつながっている。

20140218DSC05494_thumb.jpg

浅草は観光客などでいつも賑わっている。
いつもなら、周辺をぶらぶら散策もするのだが、
急に打ち合わせの予定が入り
のんびりもしていられなくなった。
ささっと昼食を済ませよう。

20140218DSC05517_thumb.jpg

新仲見世アーケードの入口付近
創業は(昭和6年)1931年うなぎつるやへ。
駅からのアクセスは抜群だ。
店の入り口横には大型のショーケースがある。
どんなものがあるのか、ちょっと覗いていく。
うなぎの蒲焼はもちろんだが
お刺身、天ぷらそれぞれの定食もある。

20140218DSC05495_thumb.jpg

店内はわりと細長くひとつ奥にもテーブル席や小上がりなどがある。
テーブル席は10卓、小上がりは3卓ほど。
店員さんは下町のおばちゃん、この笑顔がなんだか懐かしく癒される。
入り口横のレジ前には番頭さんらしき男性が座っている。
綺麗な食堂といった雰囲気だろうか、気楽な気分になる。

メニューはうな丼1800円より上うな重3600円。
丼・重ともに小鉢や肝吸いなどがついた定食がある。
うな重特定食は5000円、肝吸いと鰻が1.5尾入る。
鰻の大きさ質は同じでうなぎの量が違うとのこと。
上うな重は1尾、うな丼は0.5尾の半身が入る。
他には天ぷらや刺身の定食、親子丼、鶏重などがありる。

ゆっくりと時間があるときは重でいただきたい。
今日はサクッと食べたい、半身ながらお重の鰻と質が同じならと思い
うな丼1800円をお願いする。

20140218DSC05505_thumb.jpg

待つこと7分、うな丼登場。
さすが早いねえ、サクッと出てくる。
皮はやや弾力あり柔らかい。
身は普通の厚さ、表面をカリッと仕上げてある。
ホクッとした食感に皮下の脂がちょうど良い。
やや小骨が気になるが許容範囲か。
焼強めの香ばしい蒲焼だ。

20140218DSC05507_thumb.jpg

タレはあっさり辛めの醤油系。
御飯は炊き加減かため、タレもたっぷりとかけられている。。
サクッと美味しくいただけるうな丼。
半身ではあるがなかなかのボリューム感
御飯の量のほうが大目になってしまうのは仕方がない
進行のバランスを調整しながら食べる。

歴史ある下町浅草
おばちゃんの笑顔と蒲焼でちょっと元気をいただき
午後も働くのである。



関連ランキング:うなぎ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment