うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎ食べ歩き 鰻専科うな善

うなぎ食べ歩き 鰻専科うな善

うなぎは大好物である。

遠出のお仕事の途中、藤沢に立ち寄り。
小田急線の善行駅近くのうな善で昼食。
店近くのコインパーキングに車を置く。
外観は昭和の居酒屋風。

20140127DSC05169_thumb.jpg

店内はカウンター8席と小上がり4卓ほど。
昼時、6割程度の席が埋まっている。
建物は古いながらきれいに整理されている。
女将さんにカウンターに案内される。
カウンター内は調理場、右手に立て場
活きた鰻が見える。
目の前で鰻を裂く店主、鉄串を刺し
蒸、焼と黙々と仕事をしている。
女将さんと店主そして息子さん3人で
店を切り盛りしているようだ。
カウンターの客は黙々と仕事をする
店主を黙って見守りながら待つ。
忙しそうだ。

メニューはシンプル、うな丼並1750円より。
うな重並1900円、中2350円、上2750円、
特上4350円とランクが細かい。
他には白焼き、肝焼き、焼き鳥などがあり。
うな重上2750円をお願いする。

20140127DSC05173_thumb.jpg

待つこと35分、うな重登場。
皮は薄く、皮下の脂のノリはよく柔らかい。
やや厚めの身は、トロトロ系のとろける身だ。
タレは甘めでコクあり。ボリューム感もあり。
御飯の炊き加減もかためで好み。

20140127DSC05176_thumb.jpg

吸物に鰻の肝は入らず、おフの吸い物。
肝は、肝焼きになるのだろう。
街の鰻屋さん、ボリュームこってり系のうな重だ。
コッテリ好きは好きかもしれない。

お店のウェブサイト
http://www.unazen.com/



関連ランキング:うなぎ | 善行駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment