うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

剣菱

時は元禄、我が世の春。

元禄時代(1688年-1704年)時の将軍は徳川綱吉。
江戸幕府ができて約百年がたつ頃。

江戸の開拓のために全国から人・物資が集まり
独身男性の比率が多く、飲食業も盛んになってきた頃のようだ。
いわゆる気っ風がよい粋な江戸っ子の誕生もこのころのようだ。

腹を空かせた江戸っ子独身男性が夕刻、仕事を終え
屋台の鰻屋に立ち寄る。
このころの鰻屋の店構えは建物などはなく
床見世(屋台)のようなものだったそうだ。

「よっ、おやじ一杯くんな!」
「へい、旦那。」
「おっ、蒲焼もやいてくんな!」
「へい、旦那。」

この「よっ」とか「おっ」とかが江戸の下町では挨拶がわりだ。

「ここの酒はうめえなあ、なんて酒だあ?」
「へい、旦那。伊丹の下り酒、剣菱でさあ。」
「もういっぺえくんな!」

宵越しの銭はもたねえ江戸っ子はよく呑みよく遊び。

下り酒とは、江戸時代に上方で生産され、大量消費地である江戸へ運ばれた酒のことだ。
鰻屋では伊丹(兵庫)の剣菱が呑まれていたようだ。
上方からくだらない酒を下らない酒と呼んだそうで
現在の「くだらない」の語源になっているとか。

20131216DSC04798_thumb.jpg

剣菱酒造の創業は1505年(永正2年)、当時は稲寺屋と称していた。
江戸で評判になるにつれ、江戸の人々が(剣菱と)呼称し、
結果として商標名になっていったとのことだそうだ。
1740年(元文5年)に八代将軍吉宗の御膳酒に指定された。


先日、リカーショップで剣菱を見つけたので買ってみた。
見つけたのは黒松剣菱900ml瓶。
そんな歴史のある酒にゃ鰻だよなあ。

20131216DSC04799_thumb.jpg

スーパーで愛知三河産の蒲焼を購入980円なり。
身についたタレを落として、ひつまぶしのように刻む。

20131216DSC04804_thumb.jpg

フライパンに、たまり醤油とみりん同割のタレをつくり
さっと熱を通す、これやりすぎると味がおちる。
鰻はちょっとプリッとしていたほうが酒の肴として好きだ。
刻んだ蒲焼をフライパンに入れ、溶き卵を落とす。
それで「うなたま」完成。

20131216DSC04808_thumb.jpg

剣菱、やや辛口ながら豊潤な米感。
ややしっかりボディだが、すっきり飲みやすい酒だ。
これにまた、たまり醤油たれのうなたまが合うじゃないか!
鰻屋で一杯もよいが、のんびり気楽に自宅で鰻もいいかも。


剣菱酒造のウェブサイト
http://www.kenbishi.co.jp/



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment