うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うな鐡池袋本店

うな鐡池袋本店

夜の池袋駅界隈、
仕事も終わったのでさっさと帰宅すればよいのだが
ちょっとひっかかっていきたい時もある。
なんか、まっすぐ帰りたくない日そんな日ないですかね?

20131125DSC04763_thumb.jpg

そうね、池袋駅西一番街にうな鐡があったなあ。
うなぎの串焼きで一杯やっていこう。
創作和食処、になっている、いつからだろう。
ここの池袋本店は関東、東海に6店あるチェーンの総本店だ。
池袋、吉祥寺、大宮、大塚、浅草、焼津。

20131125DSC04764_thumb.jpg

店内1階はカウンターとテーブル席。
入口に近いカウンター席に座る。
とりあえず、生ビールのグラス400円をお願いする。
ひかえめだなあ、帰宅後飲んでないよと言うつもりなのか?

メニューはうなぎ・鶏・野菜の串焼を中心に
居酒屋系の酒の肴も充実している。
うな重は梅1800円より特松4500円まで。
うなぎの串焼きはレバ、キモ、短尺、串巻、ヒレ、バラ身、カブト。
うな重という気分ではないなあ。
キモ、串巻は売切れとのこと、
ヒレ2本と短尺を注文する。

20131125DSC04766_thumb.jpg

入口に近いカウンター席の前は焼き場だ
炭火で焼いているのが見える、焼き鳥もなかなかの大きさがある。
お通しの大根で、あっと言う間に生ビールグラスが空く。
ビールが無くなったころに、ヒレと短尺が登場。
何を飲もうか、ビタミンCをとりたいなあ
生レモンサワーをお願いする。

20131125DSC04774_thumb.jpg

ヒレはやや焼強め、シャリシャリのボリューム感。
短尺はややプリとした食感がよい。
タレもやや濃いめで一杯やるにはちょうど良い。
とうなぎで一杯やれほろ酔い気分。
一人酒の長居は無用、サクッと飲んで帰る。
本日の晩酌1700円なり。
池袋の帰宅ラッシュに流される。




関連ランキング:うなぎ | 池袋駅東池袋駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment